みんなでやろう!『ターゲットバードゴルフ』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みんなでやろう!『ターゲットバードゴルフ』

 『ターゲットバードゴルフ』をご存知ですか?

 『ターゲットバードゴルフ』は、昭和44年に、狭い場所でゴルフが楽みたいとの思いから、埼玉県で生まれましたスポーツ競技です。

 ゴルフをミニ化した競技で、ゴルファーはもちろん、初心者でもゴルフの楽しさを味わうことの出来る手軽なスポーツです。

 本格的なゴルフスイングの爽快さと、ファッションレジャー的、また、アメニティスポーツとしての要素も含まれていることから、愛好者に好評を得て全国に広がりを見せている文部科学省指定生涯スポーツにも指定されています。

 また、障碍をお持ちの方のスポーツ競技として、さまざまな競技大会でも種目に取り入れられています。

 『ターゲットバードゴルフ』の競技の仕方をご紹介しましょう。

Photo by hankinsphoto.com

 『ターゲットバードゴルフ』は、ビーチパラソルを逆さに立てたようなネットホールにホールアウトして、9ホールまたは18ホールを回るゴルフスポーツです。

 ゴルフボールとして、バドミントンの羽根がついた形状のボールを使用し、クラブは一般ゴルフ用ウェッジクラブ1本のみを使用します。

 ホールの距離は、パー3のコースが30~50m、パー4が45m~70m、パー5が60m~90mです。また、9ホールのパー総数は36に設定しています。

1.一般的には、4人一組でプレーし、スターティングホールのティーショットはじゃんけんやトスなどで決めます。

2.2打目以降は、ホールから最も遠いボールのプレイヤーが最初にショットをします。打つ時は、スイングマットをボールの直後に置き、ボールをマットの最前方においてショットします。

3.全員がホールに球が入りホールインすれば、そのホールは終了です。

4.もしも、ライン上にボールが静止した場合は、羽根部分を除く球状の部分が半分以上ホールの内側にあればホールインとみなします。

5.上側のホール(アドバンテージホール)に入れば、ショット数、下側のホール(セカンドホール)に入ればショット数+1を打数とします。

6.2ホール目以降は、前のホールで一番打数が少ないプレイヤーからティーショットをします。同数の場合は前ホールの打順に従います。

7.全ホールの打数が、一番少ないプレイヤーが勝ちとなります。

 ◆『ターゲットバードゴルフ』に必要な道具は、主に3つです。

・クラブ:ターゲットバードゴルフ協会で公認されたクラブ、または、一般ゴルフ用ウェッジクラブ1本を使用します。

・ボール:ゴルフボールに、バドミントンの羽根がついた形状の専用ボールです。

・ショットマット:ゴルフ練習用のショットマットを使用します。

 季節が良くなると、外でのスポーツはますます楽しくなりますね。
 
 障碍をお持ちの方も、ご高齢の方はもちろん、ゴルフをやってみたいけれど、なかなかスタートできない方にもおすすめのスポーツです。

 各自治体には『ターゲットバードゴルフ』協会もありますので、ご相談されてみてはいかがでしょうか。

※参考資料:
『ターゲットバードゴルフ』
http://tokyotbg.a.la9.jp/

ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする