みんな元気!『自然学園』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みんな元気!『自然学園』

 『自然学園』は、未就学児童から大人まで、障碍をお持ちの方たちの自立が実現できる、継続的なトータルサポートを目標としています。

 バンブー教室は、幼児期から中学生の障碍をお持ちの子どもたちや、学習の苦手な子どもたちに、それぞれの成長段階に応じた課題を、個々の個性や能力に合わせた指導方法で教えています。

 自分のつまずきとうまくつきあいながら、自分の殻をやぶって充実した社会生活を送るための成長を、保護者の方々といっしょにささえていく学習教室です。

 小・中学校に進学していじめをうけたり、周囲の理解が得られず、孤立してしまって精神的に落ち込んでしまっている子どもたちや、不登校を経験している子どもたちには、小・中学部として子どもたちの居場所を提供しています。

 自然学園高等部では、社会にでるために必なスキルを、高校資格取得とともに身につけていきます。

 さらに大学部では、楽しく充実した社会生活を送るために、余暇の使い方や地域や家庭生活などを学んでいきながら、就労実習を体験して卒業後の就職を目指していきます。

 そのために、一人ひとりの適正に合わせた進路指導を実施します。

Photo by carmichaellibrary

 『自然学園』は、子どもたちがこれからの長い人生を笑顔で楽しく心豊かに送れる大人に成長するために、特別支援教育をおこなう新しい教育機関です。

 「私たちは、自分に事故があることを、はじめから知っているわけじゃない。私は、世の中に向かって叫ぶ。あれが自分の精いっぱいだったのに、いつも不十分としかみなされなかった。あんなに精いっぱいだったのに。なぜ、わたしは、あんな仕打ちしか受けなかったのか。なぜ居場所がない幻の人間でいるしかなかったのか」

 『自由学園』の学園長の小林さんはおっしゃいます。

 「これは、アメリカでベストセラーになったドナー・ウイリアムスの「自閉症だった私に」の一節の引用です。この言葉は発達障害で悩んでいる子どもたちの心の叫びを代弁したものではないでしょうか。

 日本、アメリカを問わず世の中では、発達障碍の子ども達が成人してそれぞれの専門の分野で活躍しているケースが多くあります。ある分野では健常の子ども達が及びも付かない能力を持っている子どもたちもたくさんいます。

 その逆に、そのような子ども達がまわりに理解されずせっかくのチャンスを逃してしまっているケースが多くあります。周囲の理解さえあれば環境さえあればエジソンやアインシュタインのようになれる可能性を持った子どももいるのです。

 このような子どもたちの自立に向けたスキルの向上を、未就学の段階から関わりながらソーシャル・スキル・トレーニングや学習サポートをとおして目の前の小さな「できた!」をかさねながら、さまざまなつまずきを乗り越える、おおきな「できた!」に変えていきたいと思っています。

 このことで得た自信が、将来の自立の上で変えがたい力になるはずです。

 そして、一人でも多くの障碍をお持ちの子どもたちが、自分の居場所を持ちながら充実した毎日が笑顔で送れることを願っています。

 障碍をお持ちの子どもたちが、健常の人たちとおたがいに助け合いながら共生できる地域社会が実現するための教育サポートが、我々の使命だと思っています」

 『自由学園』でのびのびと元気に学ぶ子供たちの姿が目に浮かぶようですね。

 自分らしい人生を過ごせるための社会のある方を、ひとりひとりが考えていく、そんな場所にもなっています。

※参考資料:
『自然学園』
http://www.shizengakuen.com/

ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする