アートを楽しもう!『全国障碍者芸術・文化祭やまなし大会』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アートを楽しもう!『全国障碍者芸術・文化祭やまなし大会』

 『第13回全国障碍者芸術・文化祭やまなし大会』は、厚生労働省、山梨県、甲府市、山梨県障害者福祉協会が主催となり、平成25年12月6日(金)~8日(日)に開催されるアートイベントで、現在、出品作品を募集しています。

 アイメッセ山梨(山梨県甲府市大津町)で開催され、大会のキャッチフレーズは、「あった甲斐 夢アートやまなし」、大会の応援キャラクターは、カルチャくん(富士の国やまなし国文祭マスコットキャラクター)です。

 「障碍をお持ちの方が自ら創り、障碍への理解を促進しながら、多くの人との様々な交流を深める山梨ならではの大会とする」という基本理念のもと運営されています。

・障碍者が主体となる大会

・障碍への理解を深める大会

・様々な交流が広がる大会

・山梨ならではの大会

・明日につながる大会

・積極的に情報発信する大会

 上記のような目的で、現在、出品作品やボランティア参加者を募集しています。

 イベントもたくさんありますので、自分にあった参加内容がきっとみつかるはずです。

 例えば、『第13回全国障害者芸術・文化祭やまなし大会』への美術、文芸作品を全国から募集しています。

 募集内容は、自由部門、又は、テーマ部門のどちらかを選び、美術作品・文芸作品の中から1人(1グループ)1作品が応募できます。

※自由部門:作品の題材は自由に選べます。

※テーマ部門:作品の題材として「富士山」がテーマです。

・美術作品: 絵画、版画、彫刻、工芸、書道、写真、陶芸、CG(コンピューターグラフィック)アート

・文芸作品: 詩、短歌、俳句、川柳

応募対象は、障碍をお持ちの方・障碍をお持ちの方を含むグループ

※1人(1グループ)1点です。

 受付期間は、平成25年9月2日(月)から10月31日(木)までですので、詳細については、『全国障碍者芸術・文化祭やまなし大会』にお問い合わせください。

Photo by densetsunopanda

 今年は、富士山が世界文化遺産に選出された年でもあります。

 そこで、アートや文芸作品も、『富士山』にちなんだものを募集しています。

 多くの富士山に関するアートが集まる光景は、きっと素晴らしいものになるに違いありませんね。

 その他にも、障害者バスケットチーム『山梨ペンギンズ』と交流しながら、車いすバスケットボールを体験することができます。

 『山梨ペンギンズ』の選手による迫力ある3on3のデモンストレーションを見たり、実際にボールを持っての体験、フリースロー大会もあります。

 また、「もしこの子と出逢えなかったら、私は大切な何かを知らずにいた」自閉症の息子との20年間を綴ったdocument「実体験手記」の朗読会も開催されます。

 Mom(おかあさん)の愛情を沢山の子供たちに伝えたい、そこから人として本当に大切な何かを感じて欲しい・・・、そんな願いの込められた今を生きるすべての人へのメッセージです。

 『第13回全国障碍者芸術・文化祭やまなし大会』では、山梨県内・県外からの出演者・観覧者等を「おもてなしの心」で温かく迎えるため、広く全国からボランティアスタッフも募集しています。

 ぜひ、『第13回全国障害者芸術・文化祭やまなし大会』に参加して、大会を盛り上げたいですね!

※参考資料:
『全国障碍者芸術・文化祭やまなし大会』
http://www.13geibunsai.net/index.html

ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする