障碍児のための音楽教室『福田音楽教室』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

障碍児のための音楽教室『福田音楽教室』

 障碍をお持ちのお子さまの心身の健康の回復、知育、社会性の向上などを、音楽やピアノレッスンを通じてサポートする取り組みが、とても素晴らしいことだと世間では多くの賛同を得ています。

 しかし、実際に、障碍をお持ちのお子さまの音楽やレッスンを行い、受け入れてくれる教室は、まだまだ少ないのが現状です。

 また、病院や福祉施設以外で、気楽に音楽療法を受けられる場所も限られています。

 障碍をお持ちのお子さまの将来にとって、少しでも有益なことを・・・と、願われている親御さんの選択肢は多くはありません。

 そんな中、『福田音楽教室』では、ピアノ講師、かつ、日本音楽療法学会の認定音楽療法士の方が、音楽やレッスンに取り組んでいらっしゃいます。

 『福田音楽教室』では、音楽療法の個人セッションや、音楽と楽器、そしてピアノを通じて、障碍をお持ちのお子さまのサポートをされていらっしゃいます。

 我が子の未来に対する、決して小さくない、拭い切れない不安感・・・。

 できるだけ早く何かを与えてあげたいのに、なかなか出会えないもどかしさ・・・。

 このまま時間だけが過ぎていくのではないかという、何ともいえない焦燥感・・・。

 障碍を抱えたお子さまに対する、親御さんの心配は尽きません。

 もう少し表情が表に出てくれたら・・・。

 少しでも、コミュニケーションがとれるようになれば・・・。

 音楽に触れることで、少しでも知育や発達の役に立てば・・・。

 余暇活動として、ピアノを楽しんでくれたら・・・。

 障碍をお持ちのお子さまの将来に、少しでも希望の光が差せばという、親御さんの想いに少しでもお応えできたらと、『福田音楽教室』では、障碍をお持ちのお子さまに向けての音楽療法、ピアノレッスンに取り組んでいます。

Photo by Horia Varlan

 音楽療法とは、音楽のもつ生理的、心理的、社会的働きを用いて、心身の障害の回復、機能の維持改善、生活の質の向上、行動の変容などに向けて、音楽を意図的、計画的に使用することと、日本音楽療法学会で定義づけされています。

 障碍をお持ちのお子さまに対する音楽療法・ピアノレッスンといっても、お子さまひとりひとりの特質や特徴によって、さまざまなパターンが存在します。

 音楽やピアノに対する向き不向き、上達や成長スピードなど、ひとりひとりの進捗は全く違います。

 ピアノに触れるまで時間のかかるお子さまもいれば、初回から、積極的に音楽に触れようとするお子さまもいます。

 個性的でユニーク、唯一無二の存在なのが人間なのだと改めて、実感するところでもあります。

 『福田音楽教室』では、一概に音楽療法、ピアノレッスンと決めつけずに、お子さまの特徴や個性を見ながら、あるいは親御さん方とご相談させていただきながら、一歩一歩、そして楽しく進めています。

 無料体験レッスンも設けられているので、お気軽に申し込むことも可能です。

 親子で一緒に、音楽に親しむ時間を生み出してみては、いかがでしょうか。

※参考資料:
障碍児のための音楽教室『福田音楽教室』
http://music.fukuon.net/music_therapy-piano_lesson/

ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする