『ウィルチェアーラグビー』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『ウィルチェアーラグビー』

 『ウィルチェアーラグビー』とは、四肢麻痺者等(頸髄損傷や四肢の切断、脳性麻痺等で四肢に障碍をお持ちの方)が、チーム・スポーツを行なう機会を得るために、1977年にカナダで考案され、欧米では広く普及している車いすによる国際的なスポーツです。

 アメリカやヨーロッパの一部の国では、四肢に障碍をお持ちの方が行う競技であることから”クワドラグビー(QUAD RUGBY)”とも呼ばれており、また、当初はその競技の激しさから”マーダーボール(MURDERBALL(殺人球技))”と呼ばれていた歴史を持っています。

 1996年の『アトランタ・パラリンピック』にて、デモンストレーション競技として初登場し、2000年の『シドニーパラリンピック』からは、公式種目になりました。

 日本では1996年に正式に競技が紹介され、1997年4月に連盟が設立されました。

 現在、競技の国内普及と、パラリンピックや世界選手権等の国際大会でのメダル獲得を目標に活動を行っています。

 『ウィルチェアーラグビー』は、四肢に障碍をお持ちの車いすの選手が、バスケットコートを使用して競技をします。

 選手は、お持ちの障碍の状況のレベルにより、0.5点から3.5点までの7段階のクラスに分けられます。

 コート上でプレーする4人の選手の状況レベルの合計は、8.0点を超えないようにしなければなりません。

 ボールは、バレーボール球を参考に開発された専用球を使用し、投げる、打つ、ドリブル、転がすなど、蹴ること以外の方法でボールを運ぶことができます。

 通常のラグビーと違い、前方へのパスが認められています。

 また、車いすでのコンタクトにより、相手の攻撃や防御を阻止することや、相手にぶつかるタックルなども認められています。

Photo by FloydFotography

 使用する車いすは、車いす同士の激しい激突に耐え、ポジションに応じた役割が果たせるような、『ウィルチェアーラグビー』競技などにふさわしい専用の車いすを使用します。

 ボールを保持して、2つのパイロン間のゴールラインを越えると、チームに得点が入ります。

 ボールを持った選手の車いすの2輪が、ボールを保持して、コートの両端に設けられた8mほどの2つのパイロン間のゴールラインに達するか通過すると得点になります。

 競技では、相手の車いすに自分の車いすを衝突させるようなタックルにより、相手の攻撃や防御を阻止することが認められており、その激しくスピーディーな展開から「格闘球技」ともいわれています。

 『ロンドンパラリンピック』で、日本代表チームはメダル獲得を惜しくも逃しましたが、見事4位入賞を果たしました。

 その日本代表選手も出場するイベントである、『ウィルチェアーラグビー日本選手権大会』は、1999年に第1回大会が千葉市で開催されてから、毎年、千葉ポートアリーナで開催(第7回大会を除く)されており、多くの方々に、興奮と感動を与える「観るスポーツ」として活動しています。

 出場チームは、北海道から沖縄までの全7チームで、地元の千葉からは、BLAST(ブラスト)(パラリンピック日本代表選手である官野選手所属)が出場し、いつも熱戦を繰り広げています。

 入場は無料で、大会には「体験コーナー」も予定されています。

 障碍者スポーツの既成概念を打ち破る迫力あるプレーを堪能できる『ウィルチェアーラグビー』を、千葉ポートアリーナのスタンドで観戦してみてはいかがでしょうか。

※参考資料:
『ウィルチェアラグビー』
http://jwrugby.p2.bindsite.jp/

ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする