馬と一緒に走る!『障碍者馬術の歴史』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

馬と一緒に走る!『障碍者馬術の歴史』

 障碍をお持ちの方が馬に乗ることは、古代ギリシャ時代には、既に実践されていました。

 「紀元前5世紀に、戦争で傷ついた兵士を馬に乗せることで治療していた」と記述された文献が見つかっています。

 それから今日に至るまで、いつの時代も、馬は、単なる輸送の手段ではなく、人間の苦痛をやわらげ、さまざまな障碍を軽減するための有効な手段として利用されてきました。

 馬に乗ることで、障碍者の健康が総体的に向上することは、多くの人が認めています。

 “Riding for Disabled”という言葉を最初に用いたのは、今世紀の初頭、英国のD.A.ハントさんとO.サンズさんという二人の人物です。

 ハントさんは、オズウェストリー整形外科病院の創設者(1901年)であり、サンズさん理学療法士として、自分の馬をオックスフォード病院へ持ち込み、患者たちを馬に乗せていました。

 二人によって撒かれた『乗馬療法』の種は、やがて各地で芽生え、今日では世界中に浸透しています。

 乗馬が多くの障碍をお持ちの方に希望を与えることを信じ、将来、一般的に受け入れられることを願っていた、かれらの考えは、今や数多くの事例が証明するところです。

Photo by garryknight

 中でも、L.ハーテルさんは、両足麻痺というポリオ障碍を克服して乗馬を続け、不屈の努力と向上心により、1952年の『ヘルシンキオリンピック』へ出場し、馬場馬術で銀メダルを獲得しました。

 ハーテルさんは、愛馬ジューベリーを駆ってすばらしい演技を見せ、世界中の賞賛を浴びました。

 ハーテルさんの与えた影響は絶大で、ノルウェーの理学療法士で、乗馬経験も豊富なH.ボッスカーは、障碍者乗馬の可能性に取り組みます。

 コペンハーゲンの理学療法士U.ハーボスさんと共に、自らの患者たちに乗馬を勧め、治療の一手段として活用し、やがて二人は、『障碍者乗馬』が絶大な効果をもたらすことを実感します。

 ボッスカーと親交のあったN.ジャックスは、同様の試みをイギリスにも定着させようと考え、友人たちとともに、患者を自宅の裏庭で馬に乗せることから始め、後に障碍者乗馬信託を設立しました。

 英国ブリストルにあるウィンフォード整形外科病院は、1948年に、障碍者乗馬の施設として公認された最初の病院です。

 J.ピーコック博士は、今なお熱心に、障碍者乗馬に取り組み、『障碍者乗馬協会』の活動に関わりながら、一方では『フォーチュン乗馬療法センター』の顧問委員会議長を務め、医療団体と障碍者乗馬の現場との橋渡し的な役割を果たしています。

 このように『障碍者乗馬』は、多くの国々で熱意ある人々の賛同を得て、ますます活発になっています。

 障碍者乗馬には、乗馬にしか無い特徴があり、それらは多くの部分でセラピーに向いています。

 障碍をお持ちの方々が、セラピーのパートナーとして馬を選び、乗馬に取り組む中で、身体的にも精神的にも豊かな時間を過ごされています。

 障碍者乗馬の今後に、注目していたいですね。

※参考資料:
『障碍者馬術協会』
http://www.jrad.jp

ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする