すみやかに弁護士に相談!『交通事故による障碍』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

すみやかに弁護士に相談!『交通事故による障碍』

 交通事故により、被害者が受ける障碍は、事故によって様々です。

 被害者の身体に与える影響というのが、被害者によって様々なように、近年では、事故によって死亡に至るケースが減少している反面、事故後に後遺症を抱えてしまうケースが増加傾向にあるようです。

 しかし、「その後遺症が事故によって発生したのか否か」「そしてそれに対して保険会社が保険金を支払うか否か」という判断は、基本的には保険会社が独自に行うことになります。

 この点において、障碍によっては事故後しばらく経ってから明らかになったり、お医者さんに書いてもらう診断書にも明確な記載がなかったりして、保険会社でも簡単に認められない事態が多くあります。

 その際には、保険会社内部での審査手続きを考慮しつつ、法的・医学的専門的知識に基づく主張をしていかなければなりません。

 また、保険会社とは別に、自動車損害賠償責任保険(通称、自賠責)も、因果関係の認定を行うことになります。

 そちらに対しても、しっかりと主張をしていくことが、事故の後遺症による障碍に関する因果関係の認定に、大きく作用することになります。

 これらを全て考慮した主張をしていくことは、被害者個人では難しいと言わざるを得ません。

 なるべく早く弁護士に相談していき、早い段階で主張をまとめることが重要です。

Photo by triplezero

 事故後、被害者の症状がそれなりに固定した頃に、保険会社はなるべく早くこれらの事故の損害を確定させて保険金を支払い、事件を終了させるために「示談(契約)」を締結するを求めてきます。

 これは、双方が「これで全部この事件は終わり」ということを確認し合うためのものですが、通常、この示談により、それ以後、保険会社は新たな保険金の支払い義務を負わなくなります。

 そのため、示談契約締結後にそれを覆すことは非常に難しくなります。

 事故によって、また被害者によっては、事件から時間が経ってから後遺症がはっきりし、障碍と認定される場合もあります。

 また、「ちょっと○○がまだ痛いけど、まぁちょっとだから示談しても良いか」と思って示談し、その後に、実は後遺症となり、カラダに障碍が残ってしまう事実が発覚するなどの場合もあります。

 示談を覆すことは難しいことは、もちろん保険会社も分かっていますので、示談後に発覚した後遺症については、事故との因果関係を認めず、保険金を支払わない場合が多いのが現状です。

 示談については慎重に対応することが必要であり、示談よりも前に、弁護士に相談することをおすすめします。

 『琥珀法律事務所』では、そのような「泣き寝入り」をしなくて良いように、依頼者を支援するサービスを提供しています。

 自動車や自転車は、生活をとても便利にしてくれるものですが、時に人を傷つけ、最悪の場合、その命をも奪います。

 最近では交通事故死傷者数が大幅に減っていますが、それでも年間70万件以上もの交通事故が発生しています。

 そのような多数の交通事故に対応するため、各種保険制度が充実し、保険会社が代理人となり問題が処理されるようになりましたが、これにより、弁護士に依頼することなく、また自分で交渉や全ての手続きをすることなく、保険の適用によって必要な賠償を多くの人が得ることが出来るようになりました。

 一方で、多数の事件に対応するためには、その事件処理をある程度「画一化・定型化」していく必要があり、不満を抱えながらもそれなりに支払われる保険金で我慢したり、保険会社の言い分を受け入れてきた方も少なからずいらっしゃいます。

 交通事故に合い、後遺症になるような障碍の可能性があるようなときは、専門家であり、さまざまなノウハウを持っている『琥珀法律事務所』のような親身な弁護士事務所に、ご相談されてみてはいかがでしょうか。

※参考資料:
『琥珀法律事務所』
http://www.kohaku-law.com

ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする