みんなで考えよう!『人権週間』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みんなで考えよう!『人権週間』

 国際連合は、1948年(昭和23年)12月10日の第3回総会において、世界における自由、正義、及び、平和の基礎である基本的人権を確保するため、全ての人民と、全ての国とが達成すべき共通の基準として、世界人権宣言を採択しました。

 それに続いて、1950年(昭和25年)12月4日の第5回総会において、世界人権宣言が採択された日である、12月10日を「人権デー」と定め、全ての加盟国、及び、関係機関が、この日を祝賀する日として、人権活動を推進するための諸行事を行うための要請する決議を、採択しました。

 日本でも、法務省と全国人権擁護委員連合会が、この宣言が採択されたことを記念して、1949年(昭和24年)から、毎年12月10日を最終日とする1週間(12月4日から、同月10日まで)を「人権週間」と定めています。

 その期間中には、各関係機関、及び、団体の協力の下で、世界人権宣言の趣旨、及び、その重要性を広く国民に訴えかけるとともに、人権尊重思想の普及高揚を図る、さまざまなイベントを開催しています。

 全国各地において、シンポジウムや講演会、座談会、映画会等を開催するほか、テレビ・ラジオなどの各種のマスメディアを利用して、集中的な啓発活動を行っています。

 「思いやりの心」や「かけがえのない命」について、みんなが考えるきっかけとして、各県が設ける窓口も紹介しています。

Photo by wolfsavard

 啓発活動の重点目標としては、「みんなで築こう 人権の世紀 ~考えよう 相手の気持ち 育てよう 思いやりの心~」をはじめ、さまざまな問題点を取り上げ、来年度に向けて、さまざまな啓発活動がスタートしました。

 その中には、障碍をお持ちの方に関する内容も盛り込まれています。

 『障碍をお持ちの方の自立と、社会参加を進めよう』という想いを掲げて、障碍をお持ちの方が車椅子での乗車を拒否されたり、アパートやマンションへの入居を拒否されるなどといった人権問題の予防に取り組んでいます。

障碍をお持ちの方が、全ての方と同じように生活し、活動することのできる社会にするためには、この問題についての関心と理解を深めていくことが必要です。

 『人権啓発活動ネットワーク協議会』は、都道府県単位で、法務局、地方法務局、都道府県人権擁護委員連合会、及び、都道府県等により構成され、相互に連携・協力して、各種人権啓発活動を総合的に推進することを目的として設立されました。

 障碍をお持ちの方の日々の暮らしの中で、疑問に思うことや、もっとこうしていきたいといった想いの受け付け窓口も用意されています。

 全ての方が、明るく、豊かな人生を送れるよう、法務省の取り組みを知り、参加していきたいですね。

※参考資料:
『法務省』
http://www.moj.go.jp/

ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする