『音声データネットワーク サピエ』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『音声データネットワーク サピエ』

 『音声データネットワーク サピエ』は、視覚障碍者、及び、視覚による表現の認識に障碍のある方々に対して、点字、デイジーデータをはじめ、暮らしに密着した地域・生活情報など、さまざまな情報を提供するネットワークです。

 『音声データネットワーク サピエ』は、日本点字図書館がシステムを管理し、全国視覚障碍者情報提供施設協会が運営を行っています。

 現在、視覚障碍者等の個人会員12,000人以上が、『音声データネットワーク サピエ』を利用しています。

 また、全国の視覚障碍者情報提供施設(点字図書館)や公共図書館、ボランティア団体、大学図書館など、約270か所を超える施設や団体が加盟して、約5万人以上の視覚障碍者、そして、情報を必要とする多くの方々への情報サービスを行っています。

 また、『音声データネットワーク サピエ』を使った『サピエ図書館』では、音声などでも理解できるわかりやすいホームページを開設しています。

 点字データ約15万タイトル以上、音声デイジーデータ約5万タイトル以上が、パソコンや携帯電話によってダウンロードできます。

 さらに、各館が所蔵する約62万タイトル以上の膨大な資料が、オンラインリクエストなどによって利用できます。

 必要なデータの集積を順次進めている「地域・生活情報」の利用や、お役立ちリンク集などによって、さまざまな情報が得られるほか、図書の製作に関する支援も行っています。

 直接利用の個人会員の利用は無料ですし、施設・団体の会員については、年間4万円ですが、書誌データのアップロード・ダウンロードのみの場合は、年間2万円、ボランティア団体は年間1万円で、『音声データネットワーク サピエ』が利用できます。

 『音声データネットワーク サピエ』が閲覧できる『サピエ図書館』は、全国のサピエ会員施設・団体が、製作または所蔵する資料の目録、ならびに、点字・音声図書出版目録からなる、点字図書や録音図書の全国最大の書誌データベース(約62万件)を保管し、多くの方に活用されています。

Photo by Jasentaja

 視覚に障碍をお持ちの方々がご利用になられるデイジーデータのダウンロードや、ストリーミングもでき、約15万タイトルに及ぶ点字データを保有しており、その数は毎年約9000タイトル以上も増加し続け、多くの方に多彩な情報を提供しています。

 個人会員になると、この点字・デイジーデータを、全国どこからでもダウンロードでき、多様な資料を手にすることができますし、読みたい本を自由に選んで、直接点字・デイジーデータを得られるため、視覚に障碍をお持ちの方々の読書の自由が広がり、多くの方々が簡易なかたちで楽しみや喜びを享受されています。

 「オンラインリクエスト」を利用すると、簡単な操作で、自宅から点字図書や録音図書の貸し出しを図書館に依頼でき、図書館側の処理も簡単にできますし、利用者も図書館まで出向く手間を省いて、自宅でも自由に活用することができ喜ばれています。

 『音声データネットワーク サピエ』は、地域に密着した種々の情報を提供していますが、最近では、地元の情報だけでなく、全国から地域やジャンルを選ぶことができ、居ながらにして、全国各地の情報が得られるようになりました。

 施設・団体にとっても、地元の企業やボランティアの協力を得ながら、視覚に障碍をお持ちの方々に向けた地域の情報発信源として、情報提供の幅を広げる活動に役立てています。

 ネットやインフラシステムの向上とともに、社会のしくみが、障碍をお持ちの方々の暮らしを豊かにし、文学や情報に触れる機会を増やしています。

 『音声データネットワーク サピエ』は、昔からその一旦を担い、多くの視覚障碍者をサポートしてきました。

 今後さらに、コンテンツを充実を図り、参加企業も増え、視覚に障碍をお持ちの方々が情報を自由にやり取りし、ご自分の意見や想いを発信していけるような双方向の環境になれるといいですね。

 『音声データネットワーク サピエ』の活動に感謝するとともに、今後も注目していきたいと思います。

※参考資料:
『音声データネットワーク サピエ』
https://www.sapie.or.jp/

ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする