しっかり診断して立ち向かおう!『後遺障碍』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

しっかり診断して立ち向かおう!『後遺障碍』

 障碍には、生まれつきお持ちになられている障碍と、生活していく中でお持ちになられた障碍があります。

 生活していると、糖尿病などの病気になられて失明されたり、交通事故にあって肢体障碍に合われたりする場合があります。

 中でも、交通事故においては、交通事故の後、治療を続けていると、症状固定(もう治療しなくてもよくならないという診断)の時期がやってきます。

 その後、後遺障碍等級認定がなされ、症状によって1~14級の後遺障碍等級が認定され、この等級によって、最終的な示談金額が大きく違ってきます。

 多くの方は、加害者側の保険会社に等級認定を任せる(事前認定)ことが多いといわれています。

 事前認定では、加害者側の保険会社が、意見書を提出することが出来ますが、この意見書では、被害者側に立って意見が記載されることはありません。

 保険会社は、少しでも保険金の支払いを少なくしたいと考え、被害者に不利な意見、つまり、後遺障碍等級認定が認められないように意見を出すこともあります。

 そこで、加害者側の保険会社などにはまかせず、被害者自身で後遺障碍等級認定の申請をする事が重要です(被害者請求)。

 『ベリーベスト法律事務所』では、多くの被害者を事故直後からサポートし、被害者請求の経験、後遺障碍等級認定に必要な知識があるため、認められるべき後遺障碍等級認定が確実に認定されるように、さまざまなサポートをしています。

Photo by kenteegardin

 事前認定や被害者請求では、後遺障碍診断書が必要です。

 後遺障碍診断書は、患者の治療に携わった医師のみが作成する事が出来ます。医師は医療のプロですが、後遺障碍診断書の記載方法については、大学の医学部で講義がある訳でもなく、必ずしも全ての医師が後遺症診断書に何をどのように記載すべきか深く理解しているとは限りません。

 「後遺障碍診断書」の記載で、後遺障碍等級の認定がされるか否かが変わってくるため、本来であれば記載しなければならない項目に記載漏れがあるなどといったことにより、「後遺障碍等級認定」がなされないと事態も起こります。

 『ベリーベスト法律事務所』では、後遺障碍等級認定について、症状固定時期までの通院方法のアドバイスや、「後遺障碍診断書」の作成についての記載方法・記載内容についてもサポートしています。

 「後遺障碍等級認定」までサポートするための医学的な知識が必要ですが、『ベリーベスト法律事務所』では、協力関係を結んでいる整形外科医を中心に定期的な勉強会を開催し、医学的知識の習得を行っています。

 法的な知識のみならず、医学的な知識を豊富に持っていなければ、交通事故の根本的な問題の解消を行う事は出来ないと考えます。

 「後遺障碍等級認定」といっても、事故によって発生してしまう症状は非常に多岐に渡ります。

 相談の多いムチウチ(外傷性頸部症候群)から、高次脳機能障碍といった非常に複雑なものまで幅広く対応する必要があります。

 交通事故に遭われてしまった方、もしくはご家族が交通事故被害で苦しまれている方にとって、『ベリーベスト法律事務所』の交通事故専門チームは強い味方となってくれることでしょう。

 障碍を適切に診断し、ケアして、前向きに人生を歩んでいくために、豊富な知識を持った専門家に相談し、信頼できるアドバイスをもらいながら、明るい日々を過ごしていきたいですね。

※参考資料:
『ベリーベスト法律事務所』
http://www.koutsujiko.jp

ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする