取り組みに感謝!『第2回国土交通省バリアフリー化推進功労者大臣表彰』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

取り組みに感謝!『第2回国土交通省バリアフリー化推進功労者大臣表彰』

 国土交通省では、バリアフリーに関する優れた取り組みを行っている企業や団体に対して、その取り組みを評価し、表彰を行っています。

 第2回の受賞者は、37の候補案件の中から選考委員会の審査を経て、次の4団体の方々の取り組みが表彰されました。

 『箱根ロープウェイ株式会社』、『高山市(観光都市の継続的かつ総合的なバリアフリー化)』、『障碍者の自立と完全参加を目指す大阪連絡会議』、『オキナワ マリオット リゾート&スパ』の4団体です。

 例えば、『箱根ロープウェイ株式会社』の場合は、早雲山駅~大涌谷駅~姥子駅~桃源台駅のロープウェイ全線にわたる更新工事により、エレベーターやエスカレーターの設置、ゴンドラとホームの段差・隙間の解消、乗車時の一旦停止により、車いすに乗車したままでの乗降を可能にするとともに、各駅には授乳やおしめ交換等ができる「赤ちゃん休憩室」を設置しています。

 車いすの無料貸出しを行うほか、駅係員の「サービス介助士2級」の資格取得を推進しています。

 厳しい地形のなかでも、ユニバーサルな視点でハード・ソフト両面から施設整備等に取り組んだことが高く評価され、表彰されることになりました。

 1959年に早雲山駅~大涌谷駅間、翌年に大涌谷駅~桃源台駅間の運転を開始し、運転開始以来40年以上経過し施設の老朽化、輸送能力の限界等があり、架け替え計画に踏み切りました。

Photo by scjody

 また、こうした計画にあたり、高齢者や移動制約者を含むすべての方々が安全で快適にご利用できることを主眼におき設計をすすめ、安心して乗降ができるよう、乗車時の一旦停止、ゴンドラを大型にしてゆとりのある空間の確保、ゴンドラとホームの間隔を最小限に押さえ、車いすに乗車したままの乗降、エレベーター等の設置等バリアフリー化を目指した整備に取り組んでいます。

 また、『高山市(観光都市の継続的かつ総合的なバリアフリー化)』の場合は、平成8年よりバリアフリーに関するモニターツアーを実施し、障碍をお持ちの方や外国人の方から聴取した意見を道路、公衆トイレのバリアフリー化や各種施策につなげています。

 バリアフリー新法の基準よりも厳しい規定を設けた条例の制定、同条例に基づく民間事業者に対する独自の認定制度などの取組みも行っています。

 その取組みは観光客の増加という形で成果が現れており、このような継続的で総合的なまちのバリアフリー化促進の取組みが高く評価され、表彰されることになりました。

 高山市では、「住みよいまちは、行きよいまち」を基本的理念として、平成8年の「障がい者モニターツアー」の開始を契機に、本格的なバリアフリーのまちづくりへの取組みを始め、道路や公衆トイレのバリアフリー化のほか、民間事業者のバリアフリー改修等の整備支援、情報バリアの解消などを実施しています。

 さらに平成17年には、「高山市誰にもやさしいまちづくり条例」を制定し、バリアフリー新法の基準より厳しい規制やバリアフリーに取り組む事業者の認定を実施するなど、市、市民、事業者が一体となって、誰にもやさしいまちづくりに関する施策を総合的に推進しています。

 このように、一般企業や市町村などの取り組みは、将来の街づくり、社会環境づくりのお手本になる素晴らしいものばかりです。

 どの企業や団体も、自らの社会に対する役割を基本から考え直し、その中で、自らは、どのようにすれば社会に、また、障碍をお持ちの方に貢献できるかを考え抜き、実行に移した成果が表れています。

 こうした企業や団体の試みに、障碍のあるなしを超えて、多くの方が実際にふれ、体験することで、さらにこうした素晴らしい活動の輪が拡がっていくことを願っています。

※参考資料:
『第2回国土交通省バリアフリー化推進功労者大臣表彰』
http://www.mlit.go.jp/sogoseisaku/barrierfree/sosei_barrierfree_tk_000003.html

ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする