発達障碍を丁寧に指導!『家庭教師のアーク』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

発達障碍を丁寧に指導!『家庭教師のアーク』

 人は生まれながらにして、無限大の知的好奇心を持ち合わせており、それは私達のかけがえのない財産であり、先人達の努力の賜物を受け入れるキャパシティーでもあります。

 学習においては、その知恵袋の入口を広げるか狭めるかは、教育が各個人にどのように接していくか次第だと語る、『家庭教師のアーク』の代表、樋口氏。

 もちろん前提として学校教育がありますが、自主学習時にどの教育スタイルを取り入れるかにおいては選択肢が多岐に渡ります。

 人類は、沢山の人間が蓄積して来た文化、知識、経験を共有伝達していく事により発展してきた歴史があります。

 『家庭教師のアーク』が提供している、発達障碍をお持ちのお子さまへの家庭教師派遣サービスは、その根本的な知識やその道筋、また、人と人のコミュニケーションを最も効率的に教授できる「1対1の家庭教師スタイル」です。

 『家庭教師のアーク』のお客様の保護者の方の中には、多数の学校教諭の方々もいらっしゃいます。

 学校の先生も、1対1が理想の教育スタイルである事をわかっていらっしゃる証拠のひとつです。

 そうではありながらも、1対1であるが故に安価で提供しにくい家庭教師サービスを、いかに低料金で、余計なコストをかけずに、一般的なサービスとして社会全体に浸透普及させていけるかが、『家庭教師のアーク』使命だと樋口氏は考えています。

 多くの方の意見や要望を反映させ、ながら、『家庭教師のアーク』は、多くの方々の支援を得ながら、発達障碍をお持ちの方々の未来を正しく導いてくれる、安心できる、頼れる、大きな存在です。

 「アークスタイルが存在していたから、充実した人生をおくっている」と感じて頂ける人達が増えていくために、『家庭教師のアーク』は、日々社会貢献への努力を惜しまず、ひたむきに努力されています。

Photo by Tulane Public Relations

 『家庭教師のアーク』の経営理念は、「家庭教師による質の高い教育環境を提供することにより、充実した人生の実現と社会の発展に貢献すること」です。

 生徒には、2歳児から70代の方までが在籍していますが、子供にせよ大人にせよ、自己責任をもって行動して生きていかねばならないことに変わりはなく、その向上を手助けし、効率を高め、各個の人生や社会の充実に貢献したいと考えています。

 家庭教師が、塾や学校と大きく違うのは、「マイペースでできる事」の利便性と「自主性が必要になる事」の自立性です。

 家庭教師宅での指導も可能ですが、通常は生徒宅へ家庭教師が通うスタイルを取るため、生徒の希望の曜日時間で指導を受けられるため、移動時間が必要ないといったメリットもあります。

 「マイペースでできる」のですが、その分、教授時間は少なくなるため、家庭教師の時間は、自習時間ではなく「やり方」「ポイントの見つけ方」「解法」等の「コツ」を教授する時間です。

 独りで効率良く向上していけるための術を学ぶ時間となり、後に「自主性が必要になること」に繋がります。

 勉強やスポーツ、あるいは仕事等で、なかなかすぐには上手にできなかったり、分からなかったことが、先生や上司、先輩、友達等からの一言で、まるで世界が変わったかのようにできるようになったご経験があるかと思います。

 仕上げとして、アドバイスを元にした自主練習を行うなど、こういったことを、日常的に行うことで、効率や向上率が大幅にアップしていきながら、限られた時間の中で最大の効果を目指すことができます。

 学習に関しては、特にそれが行いやすく、また効果も出やすい結果がでているため、質問等の双方向性にかける時間ややり取りを考慮するならば、先生に対して、生徒の数は極力少ないほうが良いと考えます。

 もっと個性を伸ばしたい、社会とつながるためにどのように指導したらよいのだろうとお悩みの方に、『家庭教師のアーク』は、きっと未来を照らしてくれる存在となってくれることでしょう。

※参考資料:
『家庭教師のアーク』
http://www.arkstyle.co.jp/

ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする