サポートがうれしい!『NPO法人タートル』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サポートがうれしい!『NPO法人タートル』

 『NPO法人タートル』は、任意団体として1995年に設立した『中途視覚障碍者の復職を考える会(通称:タートルの会)』といい、視覚に障碍をお持ちの方の就労支援に特化した活動を行ってきました。

 2007年12月3日に、正式にNPO団体の登録を行い、『NPO法人タートル』として設立され、さまざまな活動に取り組んでいます。

 『NPO法人タートル』は、基本的に、中途視覚障碍者の復職を考える活動を行いますが、さらには、広く社会に対して、視覚障碍者が働ける現実の周知徹底と、安定した雇用の継続を行っています。

 人生の半ばにおいて、疾病、または、怪我などで視覚障碍者となられたり、あるいは、視覚障碍リハビリテーションを受けている人が、仕事を続けて行くためには、どのように取り組めばいいかを模索しています。

 その中で、支援しあい、見えなくても働けることを広く社会に知ってもらうことを目的とした活動もしています。

 厳しい社会状況の中で、具体的な支援もないまま、退職に追い込まれている人は多数いらっしゃいます。

 そのような方々が、一人で悩むことなく、まず理解し合える仲間と話してみるために、『NPO法人タートル』は存在しています。

 同じような悩みを、さまざまな努力で克服していらした人々の、ノウハウを活かした、仕事上のテクニックや職場での人間関係、社会制度の活用等の経験談は、きっと貴重なアドバイスになることでしょう。

Photo by kinumi.

 見えない状況は、ひとりひとり異なりますが、見えなくても普通に生活し、職業的に自立したいという願いは、みなさん同じです。

 『NPO法人タートル』は、そうした多くの方々からの連絡を受け付け、こころ強いサポートを行っています。

 悩んでいらっしゃる方々と一緒に考え、着実に、一歩一歩、前を向いて歩んで行ける方向を、模索し、頑張っています。

 『NPO法人タートル』の活動拠点は首都圏なので、通常は、首都圏の会員を中心に活動しています。

 しかし、首都圏だけでなく、メールや手紙、電話等を通して、全国の人の相談にも応じています。

 特に、仙台や名古屋、大阪、和歌山、広島、愛媛には、地区の代表者が存在し、さまざま相談の受け付けもしています。

 視覚障碍をお持ちの方で、就労に関してお悩みの方、また、『NPO法人タートル』の活動について、詳しくお知りになりたい方は、いつでも事務局の窓口で相談ができます。

 『NPO法人タートル』は強力にサポートしてくださるでしょう。

 あなたの一歩が社会の理解と支援につながります、一緒に、限りない感性と能力を社会に訴えてみませんか・・・という想いを込めて・・・。

※参考資料:
『NPO法人タートル』
http://www.turtle.gr.jp/

ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする