パラリンピックでメダル!『障碍者スキー』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パラリンピックでメダル!『障碍者スキー』

 パラリンピックでは、日本選手のさまざまな頑張りが報告されています。

 自然の雪山を舞台として、超高速で滑り降りる障碍者スキーは、ダイナミックで人々を魅了します。

 障碍者スキーには、アルペンとノルディックの2種目があり、それぞれ障碍に応じてカテゴリに分類されています。

 『アルペンスキー』は、1998年3月、長野パラリンピック大会アルペンスキー競技において、日本選手団は金2、銀2、銅1のメダルを獲得しています。

 長野パラリンピック以前は、日本身体障碍者スキー協会、日本チェアスキー協会、各協会ごとに選手強化事業が行われ、大会派遣毎に選手を選考し選手団を構成していましたが、長野パラリンピック招致が決定してからは厚生省のバックアップを受けた、財団法人日本障碍者スポーツ協会が主導する形でナショナルチーム体制が組まれ、選手強化が行われました。

 長野パラリンピック終了に伴い、ナショナルチームは解散しましたが、国際大会でさらに好成績を挙げることを目的に、両協会の強化部門が協力する体制として、1998年10月に合同アルペン委員会が発足、合同アルペン委員会では、ジャパンパラリンピックスキー競技大会、全国身体障碍者スキー大会、チェアスキー競技会の競技成績に基づき、強化指定選手を選考してナショナルチームを結成し、選手強化、大会派遣選手選考等を行っています。

 『ノルディックスキー』は、狩猟や交通の手段としてスキーで長い距離を走ったり、空中を飛んだりするように、北欧の人々の生活の一部であったものが、楽しみとして行われるようになり、やがて、速さや飛距離を競うノルディクスキーへと発展しました。

 オリンピック、パラリンピックとも最初から行われている歴史のある競技で、ノルウェーを中心に、スウェーデン、フィンランド等の北欧諸国で発達したので、一般にノルディック(北欧の)スキーと呼ばれています。

Photo by TRAILSOURCE.COM

 『クロスカントリースキー』は、古い歴史と伝統を持つ競技で、専用のスキーとストックを使って滑走し、タイムを競う「雪原のマラソン」といわれています。

 上り・下り・平地が、それぞれ約1/3の割合になっているコースを走り、全身の持久力や筋力、スキーの操作技能などが厳しく要求されます。

 スケーティング滑走が認められているフリー走行と、スケーティング滑走が禁止されているクラシカル走法があり、クラシカル走法では、力強いストックワークで、2本の線上を滑走し、フリー走法の特徴は、スケーティングで登りも、平地も、どんどん加速していきます。

 『バイアスロン』は、スキーを履いて行った雪原の狩が原型で、北欧の軍隊が訓練としてスキーを履いて射撃を行っていたものが競技になりました。

 『バイアスロン』とは、ギリシャ語のバイ(2)と、アスロン(競技)を合わせた言葉で、『クロスカントリスキー』のなかに、射撃を取り入れた競技で、スキーの速さと射撃の正確さを競い、タイムで順位を決めます。

 雪山で活躍するには、相当の体力が必要です。

 普段の選手の鍛練の状況も想像しながら、雄姿を讃えたいですね。

※参考資料:
『特定非営利活動法人 障碍者スキー連盟』
http://www.sajd.com/

ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする