双方向の取り組みを行う!『独立行政法人 国立精神・神経医療研究センター』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

双方向の取り組みを行う!『独立行政法人 国立精神・神経医療研究センター』

 『独立行政法人 国立精神・神経医療研究センター』は、病院と研究所が一体となって診療と研究に取り組み、精神・神経・筋疾患と発達障碍の克服を目指しています。

 『独立行政法人 国立精神・神経医療研究センター』のセンター病院は、脳および神経・筋肉の病気の原因を解明し、診断・治療を発展させるため、日本の研究と医療をリードする役割を持った病院です。

 脳や神経・筋の疾患の中には、病気の原因が分からず、治療法も乏しい難病も数多く存在しています。

 これらの病気に罹ったために、仕事や日常生活が妨げられ、「生活の質(QOL)」が低下して困っている方も大勢います。

 心や精神の病気、神経の病気、運動が妨げられる筋肉の病気、発達障碍をもつ方々に対して、人権を尊重しながら誠意をもって、高い医療技術を提供しています。

 昭和61年、国立武蔵療養所、国立武蔵療養所神経センター、及び、国立精神衛生研究所を統合して発足した『国立精神・神経センター』は、平成22年、『独立行政法人国立精神・神経医療研究センター』となり、精神疾患、神経疾患、筋疾患、及び、知的障碍、その他の発達の障碍に関する国立高度専門医療研究センターとして新たに発足しました。

 精神医学と神経学は、密接に関連する学問領域ですが、これらを総合的に扱う臨床研究と実践の機関は『独立行政法人国立精神・神経医療研究センター』しか存在していません。

 『独立行政法人国立精神・神経医療研究センター』の使命は、「病院と研究所が一体となり、精神・神経疾患等の克服を目指した研究開発を行い、その成果をもとに先駆的医療を提供するとともに、全国への普及をはかること」です。

Photo by RDECOM

 精神・神経疾患等を持つ方は、難治性で慢性の経過をたどることも多く、日常生活に大きな影響を及ぼしています。

 『独立行政法人国立精神・神経医療研究センター』は、唯一の精神・神経疾患のセンターとして、先駆的医療の提供・普及により、医療をリードし全国の医療水準の向上に貢献しています。

 『独立行政法人国立精神・神経医療研究センター』を受診されている方は、多職種がひとつのチームとなって、療養生活のサポートを受けています。

 専門分野に応じ、各職種の担当に質問することができます。

 例えば、治療内容にかかわることであれば主治医に、リハビリを受けているかたであればリハビリスタッフに、そして社会生活その他にかかわることであれば医療福祉相談室に、それぞれよりアドバイスを受けることで、多角的な取り組みを行うことが可能です。

 もしも、どこにたずねてよいかわからない場合も、医療福祉相談室が相談を受け付け、しかるべき対応を行っています。

治療法を探しながら対応している際は、さまざまな苦労がともないがちですが、こうした研究と病院が協力し合い、国等のサポートを受けている施設の取り組みによって、今日も新しい乗り越え方が発見されています。

 多くの方がこうした内容に着目し、多くの機関が一体となってサポートする社会になっていくことを願っています。

※参考資料:
『独立行政法人 国立精神・神経医療研究センター』
http://www.ncnp.go.jp

ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする