音訳にチャレンジ!『音訳ボランティア養成講座』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

音訳にチャレンジ!『音訳ボランティア養成講座』

 多くの方は、視覚に障碍を受けると何もできなくなると思いがちです。しかし、残存視力を生かすような目の使い方や支援機器を活用することにより、豊かな日常生活過ごせるようになる可能性があります。

 また、視力にだけに頼らず、指や手で触れた感覚で目では補うことのできない部分を代行することができます。

 千葉県等からの委託により視覚障碍者の自立を支援し、社会参加を促進するための支援事業として、生活支援を実施しているのが、『視覚障碍者総合支援センターちば』です。

 近年増加する中途視覚障碍者をはじめ、多くの視覚に障碍をお持ちの方に対して、「視覚障碍とともに生きる」ことができるよう、情報とリハビリテーションの一貫した支援サービスを提供することによって、視覚に障碍をお持ちの方の社会自立を総合的に支援します。

 『視覚障碍者総合支援センターちば』では、具体的には、生活上の諸問題に関する相談、歩行訓練、コミュニケーション訓練(点字・ワープロ・手書き文字)、日常生活訓練などに取り組んでいます。

 対象となるのは、千葉県在住の視覚に障碍をお持ちの方で、 訪問または通所でサービスを提供しています。

 費用は基本的に無料ですが、ただし、本人分の交通費、食費等は自己負担になります。

 併設している『点字図書館』は、視覚に障碍をお持ちの方に点字図書・録音図書(カセットテープ・CD)を主に郵送で貸し出す図書館です。

 千葉県にお住まいの視覚に障碍をお持ちの方にご利用いただけます。

 初めての方はまず登録が必要ですが、登録は電話でおこなうことも可能です。

 点字図書館以外にも、点字のプライベートサービスも行っています。

 ご自分でお持ちの本を点訳して欲しい方、または「サピエ」に登録されているものを用紙に印刷して欲しい方は、『視覚障碍者総合支援センターちば』の点訳係まで電話でお申込みください。

 プライベート点訳サービスをご依頼される場合には、実費をお支払いいただく必要があります(両面印刷1枚8円、片面印刷1枚6円、触図印刷1枚8円、20穴 薄型ファイル1冊350円 ※企業・団体の方は別料金)※ファイルの不要な方は紐とじを依頼することもできます。

 また、『視覚障碍者総合支援センターちば』では、千葉県・千葉市の委託により、見えない・見えにくい人のための録音資料製作をする、『音訳ボランティア』養成にも取り組んでいます。

 音訳(「音訳」「音声訳」)は、視覚による情報取得が困難な人たちへ、ききとりやすい音声で、正確に、できるだけ迅速に、届けることを目的としています。

 主体はあくまで聞き手であり、読み手の自己表現のためにするものではありません。

Photo by ironypoisoning

 いわゆる「朗読」や「読み聞かせ」のような、声を大きくしたり小さくしたり、声色を使ったりといった演劇的な手法は用いず、アナウンサーがニュースを読むような読み方に近いものです。

 基本は音読ですが、聞き手に配慮しなくてはならない場面があります。

 『音訳ボランティア養成講座』では、訳をするために「音読する」以外の知識・技術を学びます。

1 視覚障害についての知識

2 基本的な発声・調音の習得(日本語発音の約束事)

3 内容を正確に伝える読み方

4 読みの調査法(人名・地名・難読語など)

5 活字符号や図・表・写真などの処理(配慮)の方法

6 録音機器類の操作法

7 課題録音(講座日程以外に2~3回程度来所していただきます)

8 持ち帰りの課題が出ます(年5回ほど)

 講習終了後は、『視覚障碍者総合支援センターちば』の蔵書製作に取り組んでいただき、定期的に発行している録音雑誌や広報誌などを録音する活動もあります。

 熟練者の中で適性があると思われる方には、さらに講習を受けていただき、校正ボランティア・指導ボランティアなどをお願いすることもあります。

 音訳するものは、小説、エッセイ、ハウツー本、専門書から、囲碁将棋、漫画、家電の取扱説明書、催し物のパンフレットまで、多岐にわたります。

 音訳はそれらの要望にどう応えていくか、知識を身につけ、さらに試行錯誤を重ねていく活動です。

 『音訳ボランティア養成講座』にご興味のある方は、一度、『視覚障碍者総合支援センターちば』のサイトをご覧になってみてはいかがでしょうか。

※参考資料:
『視覚障碍者総合支援センターちば』
http://www.center-aikoh.net

ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする