症状をセルフチェックしてみよう!『大人のADHD』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

症状をセルフチェックしてみよう!『大人のADHD』

 『大人のADHD』は、大人になってから初めて出現するものではありません。

 ADHDとは、注意欠如・多動性障碍のことをいいます。

 不注意、多動性、衝動性という3つの症状に、子どものころからずっと悩まされており、多くの人は自分なりの工夫や対策を考えて努力していますが、それにもかかわらず、状況が改善せず大人になり、うまく生活することができず困っているのです。

 大人になってからADHDと診断される人は、こうしたADHDの症状に子どもの頃からずっと悩まされています。

 多くの人は自分なりの工夫や対策を考えて努力していますが、それにもかかわらずなかなか状況が改善されません。

 そのため、自分自身を責めたり、本人が怠けている、悪気があってやっている、あるいは親の育て方のせいといった非難や誤解にさらされたり、つらい状況に置かれがちです。

 しかし、ADHDは本人の努力不足や、家族のせいではありません。自分の特性を正しく把握し、適切に対応することで、生活を改善していくことができます。

 ADHDの治療は、環境調整などの心理社会的治療からはじめ、心理社会的治療の効果や、周囲との状況から判断し、必要であれば薬による治療を組み合わせていきます。

Photo by Alan Cleaver

 ADHDの症状は、個人によっても違いますし、環境によってもあらわれ方が異なりますが、日常生活の場面ごとにおける、『大人のADHD』の症状のあらわれ方の例をご紹介します。

 多動性が原因で起こりやすいこととは・・・。

・会議中あるいは仕事中(授業中あるいは勉強中)に落ち着かず、そわそわしてしまう

・貧乏ゆすりや机を指先で叩くなどのくせがやめられない

・家事をしているときに、別のことに気を取られやすい

・おしゃべりに夢中になって家事を忘れてしまう

・おしゃべりを始めると止まらない

・自分のことばかりしゃべってしまう

 衝動性が原因で起こりやすいこととは・・・。

・会議中(授業中)に不用意な発言をしてしまう

・周りに相談せずに、独断で重要なことを決めてしまう

・衝動買いしてしまう

・言いたいことを我慢してイライラする

・衝動的に、人を傷つけるような発言をしてしまう

・ささいなことでもつい叱責してしまう

 不注意が原因で起こりやすいこととは・・・。

・会議や仕事(授業や勉強)に集中できない

・仕事(課題)に必要なものをなくしてしまう、忘れる

・仕事(課題)の締め切りに間に合わない

・仕事(課題)を最後まで終えることが難しい

・仕事(課題)でケアレスミスがよくみられる

・部屋が片付けられない

・外出の準備がいつも間に合わない

・家事を効率よくこなせない

・金銭の管理が苦手

・約束の時間にいつも間に合わない

・約束を忘れてしまう

・人の話を集中して聞けない

 などが、『大人のADHD』に当てはまります。

 日常生活の中で暮らしにくい、人間関係に困難を感じる方は、一度、ADHDチェックを受けてみてはいかがでしょうか。

※参考資料:
ADHD(注意欠如・多動性障碍)に関する情報サイト
https://www.adhd.co.jp/

ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする