貴重な経験を多くの方に伝えて・・・。『パラリンピアン』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

貴重な経験を多くの方に伝えて・・・。『パラリンピアン』

 『パラリンピアン』とは、パラリンピック競技大会に出場経験のある選手、元選手の総称のことです。

 『IPC(国際パラリンピック委員会)』でも使用している言葉で、IPCが、年3回発行している公式マガジンのタイトルも「The Paralympian」になっています。

 ちなみに、オリンピック競技大会出場経験者は「オリンピアン」と呼ばれ、日本ではNPO法人「日本オリンピアンズ協会(OAJ)」が活動しています。

 『日本パラリンピアンズ協会』は、パラリンピックに日本代表として出場した経験のある選手有志による選手会です。

 2003年に発足し、2010年2月12日に法人格を取得、一般社団法人となり、さまざまな取り組みを行っています。

 パラリンピアンズ同士が繋がり、国内外のスポーツ団体、アスリートたちと連携しながら、誰もがスポーツを楽しめる社会の実現を願っています。

 『日本パラリンピアンズ協会』が目指しているのは、「Sports for Everyone」です。

 障碍の有無にかかわらず、誰もがスポーツを楽しめる社会の実現に向けて活動しています。

 競技種目や障碍の違いを超えて、パラリンピックに出場経験のあるアスリート同士の結びつきを強めています。

 パラリンピックに出場した経験を持つアスリートたちが自らの経験を生かし、さらに自らの能力を高めることで、パラリンピアンとして社会に貢献したいと考えています。

 そのために、 国内外を問わず、様々な立場のアスリートとのつながりを深めています。

 オリンピック選手(オリンピアン)や、海外のパラリンピアンなど、さまざまなアスリートと協力して、スポーツのすばらしさを伝えていくために、パラリンピックについて正確な情報を共有し、パラリンピアンの役割を認識し、正しい情報を発信していくよう努めています。

Photo by BONGURI

 パラリンピック選手、そしてスポーツ全般への支援、共感、協力の輪が広がることを願った活動により、選手が安心して競技に打ち込める環境を整える重要性を広く社会に働きかけ、障碍をお持ちの方の環境の向上に貢献しています。

 その活動のひとつとして、企業や教育機関で開催される講演会や研修などに、パラリンピアンを派遣する事業を行なっています。

 パラリンピアン一人ひとりは、世界を舞台に戦うトップスポーツ選手としての経験にとどまらず、病気やケガなどによる障碍の受容や、失われた身体機能を補う努力など、できるだけ多くの方に伝えたいと思えるものを持っています。

 また、バリアフリーやユニバーサルデザイン、ダイバーシティ(多様性)といった社会性の高いテーマに関しても、障碍者の当人の視点から意見を述べることのできる選手も数多く存在します。

 「パラリンピアンから話を聞きたい」「障碍者スポーツについて詳しく知りたい」、そんなリクエストがある場合は、是非、『日本パラリンピアンズ協会』にご相談してみてはいかがでしょうか。

 希望される内容に合わせて講師を選定し、充実した講演会の開催をサポートしてくれることでしょう。

 パラリンピアンの貴重な経験に基づいた、強靭な精神力の保ち方などを、実際に聴くことは、きっと多くの方に感動を呼ぶことでしょう。

※参考資料:
一般法人『日本パラリンピアンズ協会』
http://www.paralympians.jp/

ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする