障碍にあわせた靴づくりを!『アトリエ ヨージ』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

障碍にあわせた靴づくりを!『アトリエ ヨージ』

 先天性脳性麻痺、下肢神経障碍、左右片麻痺、脳卒中、脳梗塞、リウマチ、変形性関節症、下肢短縮、 交通事故後遺症などで、既製の靴が履けずに悩まれたことはありませんか。

 また、下肢装具などでご自分のお気に入りの靴や、デザインをした靴を履くことをあきらめてしまってはいませんか。

 しかしながら、オーダーメイドで靴をつくると、費用的には、かなり高価になるのではないかと思われていませんか。

 こうした方々の悩みを解決してくれるのが、『アトリエ ヨージ』です。

 『アトリエ ヨージ』のコンセプトは、 お客様の「自分の足にあった靴」「足の不自由な方でもオシャレをしていただける靴」をつくることです。

 お客様によっては、健康保険や福祉制度などをご利用いただき、靴をつくることを認められているお店(靴型装具製作委託契約済み)ですので、小額の自己負担で靴をおつくりすることができます。

 例えば、脳梗塞・脳障害による方や、麻痺を起こした方のための、下肢葬具を装着せずに歩行を可能にするオーダーブーツをお作りしています。

 その場合は、内反足を起こし、左側の底の外側が少し高くなっています。

Photo by jronaldlee

 また、下肢の障害などにより足首が曲がりにくい方のために、オーダーブーツを製作しています。

 履かれる方ごとに適応した角度で、左右のヒールの高さを変えています。

 正面からは一般のブーツと変わりません。

 変形性股関節症などにより、足の長さが違う方の為のオーダーミュールは、主に、室内用となります。

 ソールの高低差をその方に合わせて制作します。

 変形性股関節症などで、脚の長さが違う方のためにローファーをつくっています。

 お客様のこだわりで、金具をあしらったビットローファーとしたこともありました。

 ポリオなどにより、左右の足のサイズが異なる方のオーダーメイドシューズもあります。

 サイズは、右が25.5㎝ / 左 23.5㎝ですが、一見するとそのようなサイズ違いであることは判断できません。

 外反母趾が軽度の方のオーダーパンプスでは、見た目は、ほぼ既成の商品とかわりませんが、その方に合わせた足型でおつくりしていますので履き心地がちがいます。

 リウマチや外反母趾などで、足指関節の変形が強い方のために製作したオーダーシューズもあります。

 こちらも、見た目は既製品とほぼかわらず、色・デザインなどは、お客様のご希望にあわせておつくりすることができます。

 『アトリエ ヨージ』は、神戸市で、身体障碍者の皆様に対しての靴作りを特別に認められているお店です。(靴型装具製作委託契約済み)

 足や下肢に、障碍を持たれて靴にお悩みの方、『身体障碍者自立支援法』に基づき、最寄の区役所(福祉事務所)にて所定の手続きを行えば、少しの自己負担で靴が作れます。

 『アトリエ ヨージ』で、身体にも心にもぴったりフィットしてくれる、美しい靴を作れば、外にでかけるのがもっともっと楽しくなるかもしれませんね。

※参考資料:
『アトリエ ヨージ』
http://www.atelier-yoji.com

ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする