『スポーツボランティア人材バンク』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『スポーツボランティア人材バンク』

 公益社団法人『東京都障碍者スポーツ協会』では、障碍のある方が「いつでも、どこでも、いつまでも」身近な地域でスポーツを楽しめるように、人材の養成・確保・活用を目的として「障碍者スポーツボランティア人材バンク」を設立しました。

 「障碍者スポーツボランティア人材バンク」とは、障碍のある方が地域でのスポーツ活動を行うことをサポートする方、障碍者スポーツセンターでの教室などをサポートしていただける方、協会の実施する大会等をサポートしていただける方にご登録いただき、東京都における、障碍者スポーツの普及・発展を支える人的基盤を構築しようというもので、当協会と東京都障碍者スポーツ指導員協議会が協議して立ち上げたものです。

 「障碍者スポーツボランティア人材バンク」の登録は、新規登録時から活動経歴等をふまえ、段階的に「スポーツボランティア」、「ボランティアリーダー」、「ボランティアコーディネーター」と分かれ、それぞれの経験の度合いや得意分野に応じた様々な役割をお願いしています。

 登録対象者となる方は、財団法人日本障碍者スポーツ協会公認障碍者スポーツ指導者や、当協会(障碍者スポーツセンター)主催の障碍者スポーツボランティア講習会修了者、すでに活動実績があり協会が求めた方(地域で行う障碍者スポーツ講習会受講者等)です。

 登録、更新は無料で、登録手続きは所定の登録申請書が用意されているので、必要事項をご記入のうえ、協会へ送ると申請ができます。

 登録申請書については、当協会及び障碍者スポーツセンターにお問い合わせし、登録については、年度登録としているため、すでに登録済みの方には、毎年、更新の案内をしています。(年度途中にご住所・ご連絡先・その他に変更があった場合には、変更の内容を当協会まで連絡が必要です)。

Photo by HPUPhotogStudent

 障碍者スポーツ大会などで、ボランティアをしたいのだが、競技規則など専門知識がなくても、 何かボランティアできることはあるだろうかという質問も多く寄せられています。

 スポーツの大会を開催するには、審判員や競技の補助員だけではできません。

 競技以外の部分でも、大会を運営するには、受付係・誘導係・駐車場係などなくてはならない大切な仕事があります。

 競技や障碍の知識がない方でもボランティアをしたいという気持ちが大切ですので、是非ともご協力をお願いします。

 協会、センターと連携し、地域の障碍者スポーツ普及のため、各種事業の企画・運営に積極的に取り組んだり、また、事業実施にあたっては、他のボランティアに対して的確な指導を行い、効果的な事業実施を図るボランティアコーディネーターの方もいらっしゃいます。

 ボランティアをしたいという気持ちがある方は、気がねなく、一度、ご連絡されてみてはいかがでしょうか。

※参考資料:
『スポーツボランティア人材バンク』
http://tsad.or.jp/volunteer/

ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする