訓練して様々なことに挑戦しよう!『国立職業リハビリテーションセンター』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

訓練して様々なことに挑戦しよう!『国立職業リハビリテーションセンター』

 『国立職業リハビリテーションセンター』は、障碍者の雇用の促進等に関する法律に基づく「中央広域障碍者職業センター」と職業能力開発促進法に基づく、「中央障碍者職業能力開発校」の2つの側面をもっています。

 厚生労働省により昭和54年に設置され、独立行政法人高齢・障碍・求職者雇用支援機構が運営しています。

 隣接する『国立障碍者リハビリテーションセンター』との密接な連携のもとに、障碍のある方々の自立に必要な職業指導や職業訓練などを体系的に提供する、我が国における職業リハビリテーションの先駆的実施機関です。

 障碍状況等に応じた職業訓練・職業指導の実施として、年間合計12回の入所日を設けています。

 また、障碍の特性に合わせた訓練を行い、個別の訓練カリキュラムを作成し、個々の状況に合わせた訓練を行い、実務能力を身につけます。

 訓練初期にIT基礎訓練を行い、パソコンの基本的操作(ワープロ、表計算、インターネット)を身につけ、 職場実習を行うことで、実際の企業での業務を体験することができます。

 就職が内定した場合、実際に担当する業務に合わせた訓練を行うなど、技能訓練と並行して、訓練生が職業人として自立し、定着を図るための指導や助言を行います。

 また、事業主への支援として、企業の障碍者採用計画、及び、雇用管理等について、助言を行います。

職場実習を行うことで、実際に訓練生の状況をみていただくことができますし、『国立職業リハビリテーションセンター』内で、訓練生対象の会社説明会を行うことができます。

 採用日に合わせて訓練の修了日を早めることができ、さらに、採用後も、『地域障碍者職業センター』等と連携してフォローアップを行っています。

Photo by ota_photos

 『国立障碍者リハビリテーションセンター』は、『国立職業リハビリテーションセンター』に隣接し、「障碍者自立支援法」に基づいて運営されている指定障碍者支援施設です。

 『国立障碍者リハビリテーションセンター』の宿舎(障碍者自立支援法に基づく施設入所支援)を利用し、『国立職業リハビリテーションセンター』の職業訓練の受講を希望する方は、まず、『国立障碍者リハビリテーションセンター』への利用申請書類の提出と、市区町村に対して、障碍福祉サービスの支給を申請する手続が必要になります。

 『国立職業リハビリテーションセンター』への入所申請は、『国立障碍者リハビリテーションセンター』の宿舎への入所が確定したあと、居住地を管轄するハローワーク(公共職業安定所)を通して行うことが必要です。

 国や自治体では、障碍に対するリハビリを行いながら、効果的な職業への訓練をサポートすることで、明日に向け積極的な取り組みを応援しています。

※参考資料:
『国立職業リハビリテーションセンター』
http://www.nvrcd.ac.jp/

ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする