水の中で笑顔になろう!『プール・ボランティア』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

水の中で笑顔になろう!『プール・ボランティア』

 障碍者も高齢者も、健常者と同じようにプールへ行くことができたら、どんなにすばらしいことだろうか・・・・。

 そうした考えのもと、障碍をお持ちの方やご高齢の方が、楽しく安全に「水」に親しむことができるようにと、さまざまなボランティア活動を有償で行っていらっしゃるのが、特定非営利活動法人『プール・ボランティア』です。

 『プール・ボランティア』では、日本赤十字社 水上安全法講習の教本の中で述べられている、「水の中を歩く動作、浮力を活用しての運動、水圧や水の刺激と呼吸など、リハビリテーションを含め水泳や水を活用しての運動は、障碍者や高齢者にとって生理学的にも心理学的にも、また、社会学的にも大変に良い効果があります」という考え方に基づき、「水」の特性に着目し、障碍をお持ちの方やご高齢の方をプールにご案内し、楽しく安全に「水」に親しんでもらおうと取り組んでいます。

 世の中には、ボランティアと名のつく活動は、本当にたくさんありますが、「水」の中で何かしらのボランティアを行っている団体は、陸上と比べるとそれほど多いとはいえないそうです。

 そうした、ボランティアを取り巻く環境のことも考える中、1999年5月22日、文部大臣認定の水泳教師、日本赤十字社の水上安全法・救急法の指導員、ライフセーバー、スキューバーダイビングのインストラクターなど、さまざまな「水」を取り扱う世界で活躍されている専門家が集まり、晴れて「プール・ボランティア」という非営利目的の団体が設立されました。

Photo by mathewingram

 特定非営利活動法人『プール・ボランティア』では、障碍をお持ちの方もご高齢の方も、健常者とまるで同じようにプールに行って、水とともに楽しみながら、新しい体験を得ることができる社会の実現を目指し、世の中でも多くの場面で注目されている、ノーマライゼーションの推進に寄与したいと考えています。

 また、「人に優しいプール」をテーマにして、障碍をお持ちの方やご高齢の方の視点に立って考えられた、「プールのバリアフリーマップ」の作成に携わることや、ひいては、プールを設計する段階からはじまり、実際にプールが完成して運営や管理する体制づくりまで、幅広く対応しています。

 そのため、各種団体や自治体が、水と楽しむことができるプールや環境づくりを行う際には、『プール・ボランティア』に相談し、さまざまな提言も頂戴したりしています。

 今まで培ったノウハウを提供することで、現実には、まだまだ「水」の世界にはバリア(障壁)がいっぱいである現実を何とかクリアして、多くの方に、「水」のプロとしての視点からアドバイスを行い、「水」を愛する人がひとりでも多く増えてくれるためのサポートを行っています。

 夏の時期、もっとプールを楽しむために、個人の方も、法人の方も、自治体の方も、『プール・ボランティア』の活動に、是非注目されてみてはいかがでしょうか。

※参考資料:
『プール・ボランティア』
http://www.pool-npo.or.jp/

ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする