事前に必ずチェック!『面接の王道』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

事前に必ずチェック!『面接の王道』

 仕事を始めたい、資格を取りたい、受験したい、特別な会合に参加したい・・・。

 そんなときは、相手先の人や企業の面接を受け、自分のことを知ってもらい、仲間や団体に受け入れてもらう必要があります。

 例えば、普段であれば、自分のことを正直に話せる人であったとしても、いざ、面接となると緊張してしまい、上手に説明できなかったという人は少なくありません。

 大切な面接のときに失敗しないように、面接の極意をマスターしておきましょう。

 特に、企業の場合は、「利益に貢献できる人材」を満たすための3大条件として、「社会人としての基礎能力が高いこと」「志望する業界や職種に求められる能力が高いこと」「企業との相性が良く、長期間働き続けること」を、様々な形で示す必要があります。

 これらが全て伝われば、内定確実と言っても過言ではないでしょう。

interview_Alan Cleaver

 「社会人としての基礎能力」とは、業界、職種を問わず必要とされる能力です。

 中でも、「コミュニケーション能力」「ビジネスマナー」「行動力、誠実さ、向上心など」の3つは基本であり、面接でもとても重要視されるところです。

 コミュニケーション能力は「意思疎通を円滑に行う能力」であり、面接の受け答えで示すことができます。

 面接の受け答えがコミュニケーション能力を感じさせないものでは、いくら「コミュニケーション能力」があるといっても説得力がありません。

 面接ではできるだけ、「コミュニケーション能力を感じさせるような受け答え」を心掛けましょう。

 ビジネスマナーは、「入室マナー」「退室マナー」「適切な敬語」で示しましょう。

 ビジネスマナーを理解しているか、理解しているマナーを実践できるか、社内の同僚とのやりとり、得意先との商談などでもマナーを活かすことができるのか。

 面接ではそうしたところが着目されますので、普段から気を付けるようにして、面接の際には、スムーズにマナーが実践できるように準備しておくようにしましょう。

 行動力、誠実さ、向上心などは、「あなたの長所は何ですか?」とか、「1分間で自己PRして下さい」など自己PR系の質問をされた場合に、エピソードを添えて示します。

 「志望する業界や職種に求められる能力が高いこと」も、行動力、誠実さ、向上心と同様に、自己PR系の質問をされた場合に、エピソードを添えて示します。

 どんなエピソードが相手に伝わりやすく、好感度を持っていけいれてもらえるのか、普段から、家族や友人など、まわりの人に話したりして、エピソードの中身も吟味しておくようにしましょう。

 あとは、リラックスすること。

 自分のことを知ってもらい、未来の時間を共有してみたいと思ってもらえるように頑張りましょう!

※参考資料:
『面接の王道』
http://www.mensetsunooudou.com/manner/

ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする