夏の虫刺され対策

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飯野耀子のベター クォリティ オブ ライフ 第145回

 今回は、「夏の虫刺され対策」について!

 みなさん、こんにちは♪

 今年も8月になりましたね!例年通りの猛暑ですが、一方で雷や豪雨が多くて各地で被害が出ていることには心配ですし、お見舞いを申し上げます。

 さてそんな夏に避けて通れないのが虫刺され><蚊はもちろんのこと、毛虫やダニなど結構夏の虫刺されはあちらこちらに危険が潜んでいますよね。蛾に刺されるケースもあるそうで、油断大敵です!

豚の蚊取り線香入れ

夏もいいのですが…

 そんな私も蚊に刺されると1ヶ月くらいの間、思い出したように痒みが戻ってきたりということがここ数年、続いています。そして今年は蚊なのか何か植木についていた?虫なのか解らにのですが足首を刺されてしまい、あっという間に患部が広がってしまい大変なことに。慌てて病院に行ったところ、刺され始めが大事だということで「少し時間がかかるかもしれませんよ」というお言葉と共にステロイドのお薬を処方していただきました。

 でね・・・確かに痒みは日々、軽減しているんです。が!!!!!外に出たり、お酒を飲んだりして体温が上がると物凄く痒くなるんですよ。お酒はなんとなく解るとして、気温であんなに患部が痒くなるとは初めての経験にびっくり!

 あまりの痒さに飲食店などでは氷をいただいて、おしぼりにくるんで患部につけたりしていたのですが、一度痒くなった患部はそんなことではなかなか眠ってくれないというか?おさまってくれないというか?

 先日も街を歩いていたところ、本当に痒くて痒くてあまりの痒さに耐え切れずコンビニで“冷えピタシート”を購入して患部に貼ったところ、いきなり痒みがおさまって快適!え~こんなことでこんなに体が楽になるなんて!と毎日、足首に冷えピターシートが今では欠かせなくなりました。

 因みにお友達のお嬢さんも毛虫に刺されてしまい、アイシングが欠かせないということなのですが毛虫や蛾は掻けば掻くほど症状が悪くなるそうで、掻かないですむというのも虫刺されの治癒には大事なことなんですね。

 もちろん、人によっては冷えピタシートが肌に合わない方もいらっしゃると思うのであくまでもお医者様の指導に従っていただきたいのですが、もしOKが出る場合には冷えピタシート、本当に楽になりますよ。

 それにしても最近はゴキブリと一緒で蚊やダニなど人間を刺す虫もパワーアップしているような気がします。小さな虫は知らないうちに刺されてしまうことが多いのでみなさん、早期発見早期治療で痒みがおさまらないなと思ったらすぐに病院に行ってくださいね。

飯野耀子 美容食スペシャリスト/ブランディングプランナー/
日本ハーブ振興協会主席研究員
女性市場開拓に於けるプランナー兼インフルエンサーとして日本のみならず
中国、韓国、台湾、香港での執筆、セミナー、メディア出演、商品販売、
出版を通し発信。てがけた商品、書籍は多数。
 飯野耀子へのご依頼はこちら

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする