酷暑から身体を守ろう!『夏の暑さ対策』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

酷暑から身体を守ろう!『夏の暑さ対策』

 夏は暑いものとわかってはいても、最近の夏の暑さは命の危険を感じるほど、以前と比べて厳しいものになってきました。

 毎日、ニュースでは熱中症で何人の人が緊急搬送され、その中で残念ながら命を落としてしまわれる方もいらっしゃいます。

 自分の身体が今どういう状態であるかを常に知っておくことも必要ですが、体調の悪化に気づいたときに手遅れにならないよう、普段から適切なケアや準備をしておくことがとても重要です。

定期的な水分補給、塩分補給、適切なクーラーの使用はもちろんのこと、日々の栄養補給として夏場の食事メニューの理解、疲れを取りきるための睡眠方法など、見直すことができるポイントはたくさんあります。

 特に、高齢者の方は、夏の食欲不振が体力の低下に繋がりやすくなるため、高齢者に適した夏バテ対策を取るなどさまざまな注意が必要です。

 夏の暑さ対策としては、十分な睡眠と水分補給、涼しい環境作り、そして、夏バテ対策用の食事が重要です。

 食材の効能を活かして体力の低下を防ぎ、調理法などで食欲減退を予防しましょう。

Photo by oisa

 夏は、暑さが厳しく、気温が高くなるため、体温調整が必要となります。

 そのため、大量の汗をかくので、普段よりも身体に負担がかかりやすくなります。

 身体がだるくなったり(倦怠感)、胃腸が衰えて食欲不振、気力減退、ぼんやりとする、便秘、下痢などの状態などを一般的に夏バテととらえますが、これらの症状は単独でなく複合して現われます。

 特に、夏バテは高齢者の体力を著しく低下させ、健康を損ねるため、夏の暑さ対策には周囲の方の配慮が必要になります。

 もともと体力的に弱者である高齢者や幼児にとって、夏の暑さは体力を激しく消耗し、その上、食欲がないために栄養補給も滞り、脱水状態に陥る危険もあります。

<夏バテ対策の基本>

・無理をせず、休養を取り、普段よりもゆっくりと余裕をもって行動すること。

・質の良い睡眠をとること、寝苦しさを解消し、睡眠環境を整えること。

・栄養を十分に摂取し、特に、朝食は必ず摂ること。

・食欲をそそり、栄養面でも効果のある食材を意識して取ること。

(梅、豚肉&ウナギ、キュウリ、シソ、オクラ、ビワ、ミョウガ、山芋、緑豆(りょくとう)など)

 『高齢者の夏バテ対策と夏バテの水分補給』のホームページでは、酷暑にふさわしい、さまざまなアドバイスが掲載されていますので、参考にされてみてはいかがでしょうか。

 夏の暑さ対策を軽く考えず、夏バテ予防にしっかと取り組んで、夏を乗り切りましょう。

※参考資料:
「高齢者の夏バテ対策と夏バテの水分補給」
http://natubate08.seesaa.net/

ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする