洗濯のプロに教わる!『洗濯・しみ抜き大辞典』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

洗濯のプロに教わる!『洗濯・しみ抜き大辞典』

 生活していると、毎日汗をかいたり、運動したりして、必ず洗濯物が発生します。

 スポーツをしている子供さんをお持ちの方は、育ち盛りゆえに泥のついた洗濯物が増えるかもしれません。

 また、あかちゃんが生まれたご家庭では、やわ肌にふさわしい洗濯方法が求められることでしょう。

 会社でも、ふきんやぞうきんなど、少量の洗濯が発生することでしょう。

 私たちの暮らしに必ず存在する洗濯ですが、学校で洗濯の授業を受けた記憶は、女性の家庭科でもなかったような気がします。

 まして男性の場合は、きっとご家族まかせで、ひとりぐらしをするまでは、一度も洗濯をしたことがなかったという方も少なくないでしょう。

 洗濯器が高度になっている現代では、洗濯にそれほどノウハウが必要ないのではないかと思われがちですが、その高度な洗濯機を使いこなしたり、洗濯機を使わない方がうまくいく方法があったりと、洗濯にはさまざまな方法があります。

Photo by 305 Seahill

 そうした洗濯上手になるための技術を紹介しているのが、『洗濯・しみ抜き大辞典』です。

 衣類は、着用すると大なり小なり必ず汚れてしまいます。

 衣類を汚れたまま放置しておくと、「黄ばみ」や「ばい菌」、「イヤな臭い」などが発生したり、また、カビが発生してしまったなどという経験もきっとあることでしょう。

 日常生活において、洗濯やクリーニングなど衣類のケアは必要不可欠ですが、普段当たり前にしている洗濯を間違った方法で行っていませんか。

 間違った方法で洗濯していると、余計な手間がかかるだけでなく、汚れはおちずに、縮んだり、色落ちしたりなどして、衣服の寿命を縮めてしまうことにもなりかねません。

 まずは、洗濯に関する基礎知識を身に付けることです。

 洗濯洗剤の選び方、漂白剤の選び方、衣類の汚れについて理解し汚れの分類をすること、洗濯表示の基礎知識を理解し、落としたい汚れに対する洗濯表示が選べること、一般的な繊維の知識を持つこと、どうしても洗えない衣類があるということ、家庭では行わないドライクリーニングについてのメリットとデメリットを理解することなどが、基礎知識になります。

 また、『洗濯・しみ抜き大辞典』では、差が出る上手な洗濯術を紹介しています。
 
 これらを取り入れることで、今までとは見違えるほど洗濯技術があがることでしょう。

 衣類を洗濯する際の仕分け術、洗濯する前のチェックポイント、いろいろな洗濯方法があることの理解、洗濯ネットの使い方、洗濯前の汚れ落としについて、ドライマーク衣類の洗濯方法、シワにならない脱水方法、衣類に合わせた干し方やシワを防ぐ上手な干し方などが紹介されています。

 洗濯技術をマスターすると、毎日の洗濯が楽しくなるばかりではなく、洗い上がった衣服に違いが出て、清潔で、かつ見栄えの良い身だしなみにつながります。

 『洗濯・しみ抜き大辞典』で、プロの技に感動してみてはいかがでしょうか。

※参考資料:
『洗濯・しみ抜き大辞典』
http://sentaku-shiminuki.com/sentaku/top-1.html

ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする