すっきり気分よくいるために!『効果的な気分転換のコツ』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

すっきり気分よくいるために!『効果的な気分転換のコツ』

 「朝からずっと仕事をしっぱなしである」「同じことを続けていると、どうも効率が悪くなった気がする」「ずっと集中していたから、疲れがたまっているみたい」と思ったときに効果的なのは、気分を変えるなど、インターバルをおいてみることではないでしょうか。少し気分転換するだけで、気持ちがリフレッシュして、仕事の速度があがったり、いいアイデアが浮かんだりと、身体や脳みそがパワーアップしてくれたのを実感することがあります。

 気分転換するときのポイントとして、基本的な方法のひとつに、現在と違うことを行うことがあります。現在考えていることや悩んでいることと、できるだけ離れたことや、まったく違うことを考えることがおすすめです。同様に、「日常」に対して、「非日常」を作り出すことも有効だといわれています。仕事をする環境を変えてみたり、旅行などをして日常とは違う世界を体験してみることもよい方法です。

 しかし、気分転換が必要なのではなく、休息が必要な場合があるので、間違わないように注意しましょう。例えば、疲れていて体全体がだるいときには、右手だけではなく、左手にもだるさがあるはずです。そんなときは、右手から左手に荷物を持ち替えても効果がありません。まずは、体全体のエネルギーを回復するために「休息」をすることが一番重要になります。全体的にエネルギーが減っているときには、「気分転換」ではなく、「休息」をとる必要があることを憶えておきましょう。

Photo by Alan Cleaver

 旅行にいったり、ノマドのように働く環境を変える気分転換ができないとき、例えば、障碍をお持ちで簡易に場所を移動できない方の場合は、場所を移動しないでできる気分転換がおすすめです。気に入っている写真集や絵画をみたり、気分が落ち着く音楽を聞いたりするなど、言い換えると精神を移動させてやるのです。瞑想することもいいですし、頭の中に全く違う環境をつくることで、脳や気分がすっきりリフレッシュします。

 また、手軽にできるストレッチも気分転換に効果的です。身体を疲れさせてしまわない程度に、背中をのばしたり、肩や腰を回したり、ゆっくりと足踏みするだけでも血流が良くなり、身体的に今までと環境が変わったと感じさせることで、意識をすっきりと変えることができます。

 仕事がなかなか進まないと感じた時や、アイデアにつまったときに気分転換は必要ですが、意識して定期的な気分転換を取りいれることで、効率よく作業をすすめていくことができるでしょう。いつも快適に仕事をすすめていきたいですね。

※参考資料:
『ストレスケア・コム』
http://www.stresscare.com/

ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする