セレブも使うココナッツオイルの魅力

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飯野耀子のベター クォリティ オブ ライフ 第150回

 今回は、ココナッツオイルについて!

 みなさん、こんにちは♪

 今年は本当に台風など水年ですね・・・みなさまがお住いの地域では今回の台風は大丈夫でしたか?

 さてそんな水年の今年もすでに10月。一年が過ぎるのって本当にあっという間ですね!そしてみなさまにお読みいただいているこの連載もお陰様で今回で150回目を迎えました。長かったような、あっという間だったような?毎回何を書こうかな?と考えるのも楽しく、また私自身も楽しんで書かせていただいている大事な連載です。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

ココナッツ

甘味もあるココナッツ

 そんな今回のテーマは今話題のココナッツオイル。

 最近、コンビニなどでもココナッツウォーターの陳列が増えましたよね。昨年あたりからハリウッドセレブの愛用品ということで徐々に話題になり、最近では飲食店やエステサロンなどでもココナッツオイルを導入するところが増えてきています。

 そんなココナッツオイル、食すことで何が体にいいのかというと中鎖脂肪酸を積極的に摂取できるところ。この中鎖脂肪酸は母乳に多く含まれることでも知られる脂肪酸で白澤卓二先生の言葉を借りれば“命のオイル”といっても過言ではない脂肪酸とのこと。

 様々な効果が確認されていますが中でも脳のエネルギーとなり、認知症予防や動脈硬化等生活習慣病によいことや活性酸素対策によいことなどで改めて注目が集まっています。抗酸化作用も高いということなので特にアンチエイジングを意識した食生活をしたい人にはとてもオススメのオイルです。

 因みにココナッツウォーターの場合はカリウムの含有率が高いのでむくみ対策によいといわれていますし、他カルシウムやマグネシウムも含まれているので女性の美と健康には嬉しいものがいっぱいです。

 そんなココナッツオイルですがこれからの季節、カチカチになります。が、これはココナッツオイルの性質ですので特に気にせず(バターを冷蔵庫に入れておくと固くなるのと同じです)、炒めものや揚げ物に使う場合はすくってそのままお鍋や油の中へ、液状にして使いたい場合は40~50度のお湯で湯煎して使ってください。レンジ調理にはあまりおススメではないとのこと。もしどうしてもレンジ調理で使われる場合は
器に蓋やラップをするなどして油が飛び散らないようにしてくださいね。

 飯野耀子 美容食スペシャリスト/ブランディングプランナー/
日本ハーブ振興協会主席研究員
女性市場開拓に於けるプランナー兼インフルエンサーとして日本のみならず
中国、韓国、台湾、香港での執筆、セミナー、メディア出演、商品販売、
出版を通し発信。てがけた商品、書籍は多数。
 飯野耀子へのご依頼はこちら

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする