朝から気分よくいこう!『すっきり目覚めるコツ』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

朝から気分よくいこう!『すっきり目覚めるコツ』

 一日を快適に過ごす方法はいろいろあります。

 身体にいいものを、適量食べる食事や、まわりの人と良好なコミュニケーションを取ることや、自分らしい好きなファッションを身に付けることや・・・、ひとりひとりの考え方に合わせて、ありとあらゆることが一日を快適に過ごすことに結びついてきます。

 その中でも基本となる中のひとつが、心地いい目覚めをすることではないでしょうか。

 いい寝つきをすることや、いい睡眠をとることとも結びついていますが、今回は特にいい目覚めをすることにフォーカスして考えてみたいと思います。

 日本の寝具を扱う老舗として、多くの方々の睡眠を支え、信頼を得ている寝具メーカーである西川産業株式会社では、すっきり目覚めるコツを紹介しています。

 そもそも睡眠には、浅い眠りのレム睡眠と、深い眠りのノンレム睡眠があり、およそ90分をワンセットにして繰り返されています。

 気持ちよく起きる目覚めのためには、レム睡眠のタイミングで目覚めると良いといわれています。

 個人差はありますが、眠りの90分セットが4回繰り返されたあととなる、眠りについてから6時間後や、または、90分セットが5回繰り返されたあととなる、眠りについてから7時間半後が、スッキリと起きられるタイミングだといわれています。

Photo by Alan Cleaver

 こうした時間に起きられるように逆算することで、おおまかな就寝の時間を設定してみてはいかがでしょうか。

 スマートフォン用のアプリの中にある、『東京西川の睡眠アプリ』では、こうした快適な目覚めを教えてくれて、パッチリとスムーズに起きられるタイミングで目覚ましを鳴らしてくれる機能が揃っています。

 睡眠中の体の動きを加速度センサーで検出することで、設定したアラーム時刻の15分、または30分前から、起こすタイミングをはかってくれるアプリですので、是非使ってみてはいかがでしょうか。

 どうにか起きたけれど、眠くてボーっとしてしまうときや、疲れが溜まっていたり、寝不足でついつい二度寝をしてしまうときは、思い切って起きて、とにかく熱めのシャワーをさっと浴びてみましょう。

 シャワーのお湯の刺激で交感神経が働き、血液の循環が盛んになり、脳やからだを活発にしてくれるとともに、血流が良くなることで顔色もアップして、イキイキとした健康的な肌となり、化粧のりも良くなります。

 その後、しっかり陽の光を浴びながら、朝食を取ることで、朝の目覚めはパーフェクトに!

 日本の眠りを長年支えてきた寝具の老舗のアプリ『東京西川の睡眠アプリ』とともに、健やかな目覚めを体験してみてはいかがでしょうか。

※参考資料:
『すっきり目覚めるコツ』
『東京西川の睡眠アプリ』
http://www.nishikawasangyo.co.jp/sleep/knowledge/08.html

ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする