効率的に運動しよう!『冬の運動不足解消』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

効率的に運動しよう!『冬の運動不足解消』

 寒くなってくると、気軽に外にでかけることが少なくなり、一日中同じ部屋にいることも少なくありません。暖房器具が入っている部屋が決まっていることもありますし、また、外気にあたることで風邪などの病気を引き起こす可能性もあり、外出をひかえる障碍をお持ちの方やご高齢の方もいらっしゃいます。

Photo by emilio labrador

Photo by emilio labrador

 一日中同じ部屋にいたり、同じ姿勢でいることは、運動量が少なくなることで冬太りの原因になったり、運動不足による筋力の低下やそれに伴う骨格のゆがみなどを引き起こすことにも繋がります。冬場でもできる運動不足を解消するコツを理解して、健康を維持するように心がけましょう。

 
 運動不足は、体力の衰えや筋肉の収縮を招き、思わぬケガにつながるだけでなく、生活習慣病を引き起こす要因にもなります。家庭や職場でも簡単に行えるエクササイズを毎日の習慣にして、冬の運動不足解消にお役立てください。

・足踏み体操
普段から運動不足が気になっていても忙しさや、外に出る機会があまりないという方は、部屋の中での足踏み運動をおすすめします。背筋を伸ばし、脚を高く上げ、腕を大きく振ってその場で足踏みをするだけで、歩くことと同じ効果があり、血行がよくなります。

・ストレッチ
寒さで収縮した筋肉や関節をほぐすには、ストレッチが効果的です。余計な反動をつけないで、気持ちよいと感じるところまで、ゆっくりと体を伸ばしていくようにしましょう。毎日のこまめなストレッチは、ケガの防止に役立つだけでなく、血行をよくして、疲労回復や、体をリラックスさせる効果もあります。障碍をお持ちの方も、障碍の状況に合わせて無理をすることなくゆっくりと伸ばしておくようにしましょう。毎日続けることで、リハビリにもあり、呼吸も深く、ゆっくりとすることができ、健康維持の効果をもたらしてくれます。

 急激な運動や、体に負担のかかる激しい運動は、逆に体調を崩す原因となります。また、はりきってオーバーワークになってしまい、3日坊主で終わらせてしまっては元も子もありません。決して無理をすることなく、毎日続けられるようにご自分のペースで行うことが大切です。

 ストレッチの方法や種類は、写真などを添えて、ネットにたくさん紹介されています。首回り、腕周り、脚周りなど、まずは関節を中心に、深く息をしながら徐々に増やしていくようにしましょう。学生の頃に学んだラジオ体操や、部活や体育の授業前に行ったストレッチ体操はストレッチの基本です。思い出しながら取りいれてみてもいいかもしません。ストレッチを毎日続けて、健康維持を行いましょう。

※参考資料:
『冬の運動不足解消』
http://www.haiyaku.co.jp/484.html

ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする