定期的に洗って清潔に!『スニーカーを洗うコツ』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

定期的に洗って清潔に!『スニーカーの洗うコツ』

 

 健康のためには、定期的に身体を動かすことが必要です。運動することに慣れている方は、ランニングやマラソンなどもいいでしょうが、普段はほとんどデスクワークだという方は、急に運動すると、かえって身体の機能に悪影響がでたり、骨や筋肉を傷めたりします。そういった方は、ウォーキングのような適度な運動からはじめることをおすすめします。

 

 たくさん運動する方も、適度に運動する方も、どちらにしても、歩いたり走ったりする際は、スニーカーのような運動靴を履いています。最近のスニーカーは、フォルムが整っていたり、カラーバリエーションが豊富で、自分で洗うとなると躊躇しえしまうことも少なくありません。しかしながら、全くスニーカーを洗わずに使ってしまっては、ただでさえ汗をかいている足ですから、不衛生極まりない状況になってしまいます。そこで、今回は、洗濯のプロフェッショナルに、会社や学校の上履きや、運動するときのスニーカーを洗うコツを教わりましょう。

Photo by dubidubno

Photo by dubidubno

 

 実は、スニーカーは、外側はドロや黒ずみ、内側の中敷きはドロなどの固体汚れに汗や皮脂汚れが混じり、相当汚れています。汚れたままにしておくと、それがガンコな汚れとなり、黄ばみやニオイの原因にもなります。できるだけ、こまめに洗濯するようにしましょう。

 

 靴の外側についた汚れは、ドロや砂は、たたいて落としておきましょう。軽く水洗いしても、汚れが落ちます。部分汚れには、スプレータイプの部分洗い用洗剤をスプレーして、ブラシなどでこすっておくと便利です。色がついているスニーカーや、スエードタイプのスニーカーの場合は、あらかじめ、メーカーに使用できる洗剤の種類を確認しておくようにしましょう。

 

 靴の内側は、手を洗うくらいの濃度に薄めた洗剤液の中にくつを入れ、しばらく、つけおきします。その後、靴を取り出して、まだ汚れが気になる部分は、スニーカー専用ブラシなどを使って内側の奥まで洗います。色がついているスニーカーや、スエードタイプのスニーカーの場合は、あらかじめ、メーカーに、つけ置き洗いをしていいか、また、その際の時間、使用できる洗剤の種類を確認しておくようにしましょう。洗い終わったら、洗剤液からくつを取り出し、きれいな水にとりかえて充分すすぎます。日陰に干しておきましょう。

 

 『マイカジスタイル』では、家事を楽しく、効率よく、キレイに仕上がるさまざまな方法をwebで紹介しています。いつもの家事をもっと良くしたいと思うときや、実は、今さら聞けないけれど、こんなことが家事の中で疑問だったり、分からなかったりしたときに、とっても助かるサイトです。参考にした情報を、清潔で快適な暮らしに役立てたいですね。

 

※参考資料:
『マイカジスタイル 上履きやスニーカーなど布製シューズの洗い方』

http://mykaji.kao.com/washing_guide/10236/

ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする