テキパキと!『だるさ解消方法』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テキパキと!『だるさ解消方法』

 

 なんだかやる気が起きない、ずっと布団の中で寝ていたい・・・なんて思うときはありませんか。食事をするのもいや、お風呂にはいるのも面倒くさい、部屋を片付けたり、洗濯をするのも億劫だというときも少なくありません。そうした気分が続いていると、部屋は荒れ放題に汚くなり、気持ちもさらにすさみがちに、また、お風呂に入っていないと不潔になって、こちらも気分が落ち込む原因になってしまいます。うつ病がはじまるきっかけのひとつにもなっている、「なにもやりたくない気分」。こんな気分を解消するにはどうすればいいのでしょうか。

 

 何もやりたくない時というのは、気分的にやりたくないことも確かですが、身体がなんとなくだるいという身体的な現象も同時に起こっているときが多いといわれています。そんな場合は、まず身体を快適にすることで、気持ちを「ああ、いい気持だなあ」「ああ、ゆったりするなあ」「ああ、やる気が出てきたなあ」などと、上向きに持っていくことが重要ではないでしょうか。

 

Photo by Moyan_Brenn

Photo by Moyan_Brenn


 なんとなく体がだるくて、倦怠感を感じる時は、倦怠感で仕事や勉強に身が入りません。休みボケや日光不足による倦怠感だけではなく、プチうつや自律神経失調症など、ストレス性の倦怠感が増加しています。実際は、倦怠感の理由はプチうつや自律神経失調症などの精神的なものだけではなく、体の不調からくるものもあるのです。だれにでもある倦怠感やだるさですが、だれにもわかってもらえないことが多いのもつらいところです。

 

  • 栄養バランスのとれた食事をしていますか?

 体内のヘモグロビンが減り、体全体が酸素不足の状態に陥って倦怠感が生じていると考えられます。このタイプの倦怠感では、顔色が悪くなり、下まぶたの裏が白くなっていることもあります。食事はしていたとしても、栄養が足りていなければ、栄養失調だといえるでしょう。

 

  • メリハリのある生活をしていますか?

 体を動かすように心がけ、毎日、同じ時間に起きて、生活のリズムを作りましょう。朝は熱めのシャワーを浴びたり、朝一番に日光を浴びたり、温かいスープを飲むとシャキッと目覚め、動きやすくなります。酸素スプレー缶、酸素水などを試してみるのもおすすめです。お風呂や掃除、食事など、体調管理も大切です。

 

  • 神経のバランス

 ストレスを少しでも減らすことも大切です。だるさを感じたら、無理せず休みましょう。軽めの運動や散歩なども効果があります。何事も70%くらいで大丈夫という気持ちで取り組むといいですが、どうしても眠れなどという場合は、無理をして自分で抱え込まずに、専門医に相談することをおすすめします。

 

 だるさは、決して怠けていることではありません。自己管理で解決できる問題です。だるさをなくして、ハツラツとした毎日を送りたいですね!

 

※参考資料:
『倦怠感、だるさの原因と解消法』
http://www.itotec.com/kentaikan/kentaikan.html

ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする