飲み方や選び方のコツ!『うまく利用して身体を温めよう!』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飲み方や選び方のコツ!『うまく利用して身体を温めよう!』

 

 仕事を長時間していて、ちょっとブレイクを入れたくなったときや、仲のいい友人達と一緒にお話ししているとき、朝起きて、頭がぼーっとしているとき、寒くて身体が冷え切ってしまったときなど、身体をリラックスするきっかけになるのが飲み物です。もちろん、大切な水分補給として摂るわけですが、それ以外にも、飲み物にはさまざまな利点があります。特に、冬場に身体をあたためるものとして、摂り方のコツを知っておきましょう。

 

 ホットドリンクであれば、どんなものでも身体を温めてくれると思っていたら、どうやらそうではないようです。実は、ホットドリンクの中でも、身体を冷やしてしまう働きがある飲み物もあります。逆効果となってしまわないように、飲み物が及ぼす作用を理解しておきましょう。

 

 コーヒーや牛乳、緑茶、抹茶、玉露、豆乳、麦茶、水などは、身体を冷やしてしまうといわれています。また、アルコールの中でも、ビールや焼酎、ウイスキー、白ワインも、身体を冷やすといわれています。焼酎は、お湯割りやウコン割、ジンジャー割などにすることで、温める効果をもたらすため、飲み方次第だといえるかもしれません。

 

Photo by cofluoxetine

Photo by cofluoxetine


 では、どういう飲み物が身体を温めてくれるのでしょうか。身体を芯から温めるのであれば、紅茶や烏龍茶がおすすめです。身体を温める効果を持つ生姜を組み合わせて、生姜紅茶などにすると効果がさらにアップするでしょう。冷えは体内の過剰な水分が引き起こすともいわれているため、利尿作用の高い温かい紅茶と生姜を一緒に摂ることで、温めながら、余分な水分を排出する、寒い季節にふさわしい飲み物であるといえます。

 

 その他、たんぽぽ茶や黒豆茶、雑穀茶、ハーブティなど、もともと身体を温める効果をもたらす植物を用いたお茶がおすすめです。お茶の種類や茶葉の形や大きさによって、煮出す方法がいいものや、ポットに入れたり、コップにフタをして蒸らす方法がいいものなど、茶葉の特徴にあわせてさまざまですので、茶葉ごとの説明書に合わせるようにしましょう。

 

 植物茶には、排便をうながす整腸作用のあるものや、めぐりを良くするものなど、さまざまな種類があるので、体調と相談して飲むようにしましょう。自然のものとはいえ、作用は確実にあるので身体に合わないものはひかえるように注意が必要です。現代では、身体を温める作用のある紅茶にコラーゲン粉末や食物繊維粉末、生姜粉末を入れて、オリジナルのアレンジができる楽しみも増えています。体調に合わせることはもちろんですが、自分なりの工夫をして、楽しみながら体調管理をしていきたいですね。

 

※参考資料:

『寒さ対策100選』

http://cold.must-reading.info/main/drink.html

ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする