毎日続けて健康に!『正しい姿勢と骨盤のゆがみのための体操』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日続けて健康に!『正しい姿勢と骨盤のゆがみのための体操』

 

健康でハツラツとして見える方と、いつも具合が悪そうに見える方がいるとしたら、その理由のひとつは姿勢がいいか悪いかの違いかもしれません。ただ背筋を伸ばして、あごを引いて、姿勢を良くしているだけだとしても、そこにはさまざまなメリットが隠されています。

・内臓の位置が正しいため消化活動がスムーズで太りにくい
・お腹や背中の必要とされる筋肉が鍛えられているので体力がある
・無駄な位置に脂肪がつきにくい
・見た目が若々しく見える
・信頼感が高まる

 例えば、このような効果がもたらされるのです。
 

 正しい姿勢が崩れてしまうと、背骨が曲がったり、骨格・骨盤にゆがみが生じてしまい、慢性的な頭痛や肩こり、腰痛、内臓障碍などといった、さまざまな症状を引き起こしやすくなります。人間の体を支えているのは、いわゆる背骨と呼ばれている脊柱であり、脊柱は椎骨という短い骨が26個積み重なってできています。正常な脊柱は、正面から見た場合はまっすぐで、横から見ると首の部分が緩やかに前に湾曲し、続く背中の部分が後に湾曲し、腰の部分が再び前に湾曲しているといった『S字型』になっています。脊柱の中には体の各部分に張り巡らされた神経の中枢組織である『脊髄』が通っているため、正しい姿勢で脊柱を保護することが健康維持にはとても重要なのです。

 

Photo by Sebastian Anthony

Photo by Sebastian Anthony


 たとえば猫背のときには胸の筋肉(大胸筋)が縮まった状態になっていますが、その姿勢をとり続けていると筋肉がその状態をいちばん楽だと思い込んでしまい、いつもその姿勢をとらせようと働きかけるようになります。どんな姿勢で仕事をしていようとも、仕事が一段落したときには、スッと背筋を伸ばして基本姿勢に戻す習慣を日常生活で取り入れてください。その際には、必ずあごを引いた状態で頭を上げることがポイントです。あごが上がっていると、頭の重さは肩の筋肉にかかったままになり、筋肉が緊張から解放されないのです。

 

 特に、足を組んで座っているときは、必ず猫背になっています。猫背が原因となる肩こりや腰痛は、運動不足によってより助長されてしまうので、正しい基本姿勢でのウォーキングなどを積極的に取り入れて体を動かすようにしましょう。また、横座りをしたり、一方の肩ばかりに荷物をかけたり、ひじ掛けにひじをかける場合も、意識的に左右のバランスをとるようにしましょう。猫背は自分でも気づかない場合がほとんどです。鏡に自分の姿をうつしながら作業をするなどして、客観的な姿を認識し、日常生活の中でなおしていくことで、肩こりや腰痛対策にも繋がります。健康維持のために頑張りたいですね。

 

 普段の生活の中に、『正しい姿勢と骨盤のゆがみを直す体操』を取りいれて、日々の暮らしの中で身体を自然と鍛えて健康な体作りに取り組んでみてはいかがでしょうか。

 

※参考資料:
『はつらつライフ』
http://www.ces55.com/tadasiisisei.html

ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする