自分らしい暮らし方をサポート!『AJU自立の家』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自分らしい暮らし方をサポート!『AJU自立の家』

 

 障碍をお持ちの方が、自らの障碍をケアしながら、自分らしい暮らしをしていくことはとても素晴らしいことです。そのためには、ご家族やその周りの方々の理解や社会のサポートを欠かすことはできません。ですが、どのようなサポートをすればいいのか、日々悩まれる方々は少なくないのではないでしょうか。

 

 『AJU自立の家』は、障碍をお持ちの方が自立して暮らすためのさまざまなサポートを行っている団体です。昭和48年、『車いす仲間(愛知重度障碍者の生活をよくする会)』と『愛の実行運動(AJU)』が出会い、健常者も障碍者も共に、誰もが住める福祉の街づくり運動に取り組んできました。昭和59年には、重度障碍者の働く場づくりをめざして小規模作業所『わだち作業所』を開設。その後、寛仁(注)親王殿下より「障碍者の下宿屋」という御提言を戴き、企画の段階から法人設立、施設建設まで多岐にわたり御指導、御尽力を賜り、平成2年『AJU自立の家』が完成しました。

 

 『AJU自立の家』では、重度障碍者が市民と共に、地域社会の中で豊かな生活創造を実現するために、3つの機能をまとめてサポートを行っています。

 

(1)持てる機能を活かす場(わだちコンピュータハウス)

(2)暮らしの拠点としての場(福祉ホームサマリアハウス)

(3)地域社会、仲間との交流の場(デイセンター)

 

 こうした機能を通じて、障碍をお持ちの方々や周りの方々は、自らの想いを優先し、自分たちの意思で未来を切り開いていくために、今までになかった全く新しい福祉の試みにチャレンジしています。その中の最大の特徴は、施設の企画から運営に至るまで、障碍者自身が中心になり進めていることにあります。

 

 「AJU自立の家」は障碍者自身が福祉を受ける立場だけでなく、福祉を創るという積極的な取り組みの中から、たとえ寝たきりでも生きていてよかったといえる社会をめざし、名古屋の新しい福祉を担っていきます。

 

Photo by pmaillet photography

Photo by pmaillet photography


 例えば、取り組みのひとつである『わだちコンピュータハウス』は、四肢まひを中心とした重度の障碍者が、コンピュータを使って働く場(障碍者就労支援施設)です。40人の障碍を持つ仲間(所員)が働いています。会計士を招いての簿記講座やコンピュータ講座が重ねられ、84年に無認可の「わだち作業所」を開設し、90年度からは身体障碍者通所授産施設「わだちコンピュータハウス」(以下、わだち)としてスタート。07年度からは障碍者自立支援法の新体系事業である、就労移行支援、就労継続支援(A、B型)、生活介護の多機能型事業所に移行し、A型の仲間とは雇用契約を結んでいます。

 

 自立した生活を送ることは健常者であったとしても難しい場合があります。そんな中、障碍を乗り越えながら、自らの暮らしを自らが作り出している『AJU自立の家』の活動に勇気をもらい、これからも注目していきたいですね。

 

(注)一部の日本語環境で表示できない文字があるため、代用文字を用いています。本来の表記は、「寛に『、』が付く字」となります。
 

※参考資料:
『AJU自立の家』
http://www.aju-cil.com/samariah/trial.php

ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする