雪山を楽しもう!『障碍者スキー:パルネットワーク』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

雪山を楽しもう!『障碍者スキー:パルネットワーク』

 

 寒い季節になると、気温が低い日が続き、外に出る際には防寒着も必要で、活動量が少なくなりがちです。早く暖かい季節にならないかなあと、暖房の効いた部屋の中で、春が来るのを心待ちにされている方も少なくありません。しかし、寒い季節には寒い季節しか楽しめないスポーツがあり、冬の自然を満喫する楽しさは他にはないものです。例えば、スキー。雄大な雪山を滑走する心地よさや、雪で覆われた銀世界は、日々の喧騒を忘れさせてくれる素晴らしいスポーツです。

 

 『パルネットワーク』では、障碍をお持ちの方へのスキー指導をしています。正指導員・準指導員(全日本スキー連盟)・スキー教師(日本職業スキー教師協会)などの資格を持ち、障碍者スキーの指導研修を受けたスタッフがレッスンを行います。スキーのサポートをするボランティアとは違い、障碍の有無に関わらずスキー技術の向上を目指して、プロのスキー指導者が、一人一人の障碍の状態に合わせたレッスンを行っています。『パルネットワーク』は、みなかみ町(群馬県)公認の下でレッスン活動をしています。

 

Photo by Ridge Tahoe Resort Hotel

Photo by Ridge Tahoe Resort Hotel


 障碍者や高齢者の方は、どのようにレジャーを楽しんでいるかというと、今はまだ、ボランティアや家族・友人に頼ることがほとんどで、限られた範囲内でしか楽しめない場合が少なくありません。そこには、してあげる側と、してもらう側という意識がまだ強く残り、本当にしたいことがなかなか要求できないといわれています。そこで、『パルネットワーク』では、プロのレッスンをすることで、技術を向上したい、うまくなりたいと思っている障碍をお持ちの方の要望に応える活動をしています。

 

 障碍者に向けてのスキー指導を数多く行なっていると、スキー以外のレジャーに対しての要望も強く求められるようになります。健常者が何かを始めるときには、多くの選択肢の中から、自分にあったものや、指導者や同伴者、場所などを選ぶことができますが、障碍者がレジャーの選択肢は、まだまだ少ない状況です。障碍者のレジャーの選択肢をもっと広げるために設立されたのが、『パルネットワーク』なのです。

 

 『パルネットワーク』では、正しい知識を持った指導者や介助者の指導・育成にも力を入れています。より良いものや上の技術を障碍者や高齢者に提供していくと共に、スポーツ・レジャーを通じて楽しみ(Pleasure)と笑い(Laugh)を提供する活動に取り組んでいます。『チェアスキー』『バイスキー』『アウトリガー』といったさまざまな障碍者スキーのレッスンをはじめ、北海道や志賀高原への国内スキーツアー、また、カナダやスイス、フランスへの海外スキーツアーも企画しています。常に上を目指す、人々の向上心をサポートする活動に、これからも注目していきたいですね。

 

※参考資料:
『障碍者スキー:パルネットワーク』
http://www.palnetwork.net/

ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする