もっと記録をのばすために!『障碍スポーツのテクニカルサポート』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もっと記録をのばすために!『障碍スポーツのテクニカルサポート』

 

 東京パラリンピック、東京オリンピックの準備が着々と進められています。国立競技場も今までの建物が取り壊されていて、新しい施設建設への準備が始まっています。世界の方々はもちろん、おむかえする日本としても、オリンピック開催地としてさまざまな準備をしています。道路整備や空港環境の調整、道路標識の多国語表記など、街中の変化も感じますし、ホテルなど宿泊施設の拡充も含め、工事現場も増えてきました。海外からの注目も高まり、一般的な旅行者も増えてきたといわれています。

 

 アスリートの方も、開催国として、競技強化にも今までよりもさらに力が入っています。例えば、障碍者スポーツにおいても、テクニカルサポートが強化されています。『東京都スポーツ文化事業団』では、東京都と連携して、東京都選手の競技力の一層の向上を目指し、オリンピックをはじめ国際大会等で活躍できる選手の育成・強化及び指導者の資質向上を図ることを目的として、『テクニカルサポート事業』を実施しています。

 

Photo by Swallowtail Garden Seeds

Photo by Swallowtail Garden Seeds


 テクニカルサポート事業の主な内容は、都内体育系大学等と連携し、選手に対して競技種目特性に応じたサポートを行う『大学連携事業』のほか、スポーツ医・科学人材バンク、スポーツ医・科学人材派遣、指導者講習会、及び、広く地域の指導者に医・科学的な情報提供を行う『実践型ワークショップ』です。

 

 競技力種目別サポートとしては、日本体育大学、日本女子体育大学、国士舘大学、早稲田大学及び東海大学の協力のもと、高校生を中心としたトップレベルのアスリートを対象に、競技種目の特性や専門性に応じたコントロールテスト、コンディションサポート、パフォーマンスサポート、トレーニングサポート、栄養サポートなどを実施。競技力向上につながる情報やアドバイスを提供しています。

 

 また、トップアスリートたちが参加する練習会や講習会などに、スポーツドクター、トレーナー、スポーツメンタルトレーニング指導士、管理栄養士などの医・科学スタッフを派遣し、専門性の高いサポートも行っています。競技をするときはひとり、もしくは選手たちだけかもしれませんが、選手の身体づくりや練習メニュー、メンタルトレーニング、生活習慣など、身体的にも精神的にも強い選手をつくりあげてるのは、まわりのサポートがあってこそです。選手としても、ひとりで戦っているのではなく、多くの仲間と一緒に試合に臨んでいることで、さらに大きな力が沸いてくるでしょう。

 

 スポーツは、ただ勝ち負けを競うだけのものではないと思います。どんな風に力を合わせて戦ったのか、そんなチームづくりをしたのか、どんな信頼関係を生み出したのか・・・。それらすべてをスポーツと呼ぶからこそ、多くの方が感動するのかもしれません。障碍をお持ちのなられる方のスポーツの祭典と未来に、これからも期待したいですね。

 

※参考資料:

『東京都スポーツ文化事業団』

http://www.tef.or.jp/sports-science/index.jsp

ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする