世界で人気の旅行サイト『トリップアドバイザー』でみる日本

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世界で人気の旅行サイト『トリップアドバイザー』でみる日本

 

 最近、日本のあちこちで外国人旅行者の姿を見かけることが多くなってきました。2020年のオリンピックが日本で開催されることが決まったことも重なり、世界からの日本への注目が高まっています。

 

 海外旅行をして、外国で地図を購入する機会があるときに驚くのが、日本の位置です。日本では、世界地図のど真ん中に日本が位置しているわけですが、他の国にいくと、その国が真ん中になっていたり、見やすい位置に配置されています。そのため、日本の場所を探してみると・・・・、えっ?!こんな世界のはじっこなの?と驚くことがあります。

 

 日本は島国でもあり、歴史的にも鎖国をしていた時期もあり、とにかく個性的な様式で文化が発展してきました。車や機械、パソコン、半導体といった、世界屈指の技術力を誇る反面、神社や茶道、日本家屋、着物など、世界のどこにも例がない、かなり個性的な文化が息づいています。海外の方々が日本にこられた場合、コンビニや時間通りにくる地下鉄の便利さを満喫すると同時に、畳や障子、神社などの文化的なものに興味を持たれるのでしょう。

 

Photo by Jenifer Corrêa

Photo by Jenifer Corrêa


 特に、世界で人気の旅行サイト『トリップアドバイザー』をみると、その反応がとてもわかり、日本に住むものとしては、逆に興味深いものがあります。

 

 世界で人気の旅行サイト『トリップアドバイザー』は口コミで成り立っているので、旅行者の生の声が活かされています。

 

 例えば、今掲載されている、日本でいってみたい場所の一位は、京都にある『伏見稲荷大社』でした。赤い鳥居がずっと上まで続いているのは、とても幻想的でゴージャスで、たくさん写真を撮りましたという声が寄せられています。また、二位は、『広島平和記念資料館』です。戦争の恐ろしさについて真剣に考えることや、この悲劇で亡くなられた方への追悼が書かれています。

 

 その他では、『厳島神社』『金閣寺』『東大寺』『清水寺』『新宿御苑』『高野山』などがあります。

 

 それぞれのコメントは英語などの外国語で記入され、それに日本語の訳がつけられています。海外の方がどういう気持ちで日本の場所をみたり、いったり、感想を持ったりしているのか、旅行者の視点という見方ではありますが、興味深くみることができます。

 

 生活している場所と旅行しに来た場所という違いはあっても、同じ人間です。人がどのように異文化を感じるのか、そういった意味でも、楽しみながら『トリップアドバイザー』のホームページをみるといいかもですね。

 

※参考資料:

世界で人気の旅行サイト『トリップアドバイザー』

http://www.tripadvisor.jp/pages/InboundAttraction_2014.html

ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする