息をするだけで不調はなおるかも

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飯野耀子のベター クォリティ オブ ライフ 第161回

 今回は、新年度の不調対策について!

 みなさん、こんにちは。

 今年も4月になりましたね!
大人になると時が経つのが早く感じられると言いますが、本当にあっという間に春ですね。

 そして4月と云えば新年度、新生活!みなさんの中にも新たな生活が始まった方、いらっしゃるのではないでしょうか?職場など基本的な環境は変わらなくとも、新人や異動の方を迎えるなど春は何かしら「変化」を迎えますよね。学校などでも進学やクラス替えがあったり、お子さんたちの環境もそれは同じです。

深呼吸する人

深ーく息を吸い込んで…

 そこで今日はこの時期に気を付けてもらいたい神経のケアを。

 いままでにも何度となくご紹介している「交感神経」「副交感神経」。「変化」という刺激やストレスの多い時期には「交感神経」が優位になりやすく、意識的に「副交感神経」が優位になる時間を持つようにしないとずっと「交感神経」が優位な状態になってしまう可能性があります。「交感神経」優位が続く状態はGW明けに起こりやすいといわれているいわゆる「五月病」に繋がる原因のひとつとも云われているので、快適な一年、前期を過ごすためにも「副交感神経」を優位にさせることが大事だという事、ぜひ意識してください。

 因みに「副交感神経」を意識的に優位にするには食事をする、リラックスする、ぬるいお風呂にゆっくり入る、寝る直前にテレビ、PC、スマホを見ない、使わないなどいろいろと方法はあるのですが、最も簡単に出来るのがゆっくりと呼吸をすること!

 要は深呼吸なのですが、それをいつもよりもゆっくりと息を吸い込み、ゆっくりと吐くという形で3~5回をワンセットでやってみてください。これは今の時期だけでなく、イライラしたり、怒りっぽくなっている際にも有効ですよ!更に呼吸法になれてきたら「今私は副交感神経が優位になっている」とイメージしながら呼吸をするとより効果があると云われています。

 一日のセット数は特に決まっておらず、まずは夜寝る前にやってみてください。その他はリラックスしたい時や体が疲れているのに頭が冴えてしまっている時などに。

 ぜひ呼吸を上手に活用して、楽しい春を過ごしてください!

 飯野耀子 美容食スペシャリスト/ブランディングプランナー/
日本ハーブ振興協会主席研究員
女性市場開拓に於けるプランナー兼インフルエンサーとして日本のみならず
中国、韓国、台湾、香港での執筆、セミナー、メディア出演、商品販売、
出版を通し発信。てがけた商品、書籍は多数。
 飯野耀子へのご依頼はこちら

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする