『福祉用具専門相談員』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『福祉用具専門相談員』

 
 仕事には、それぞれの仕事内容をサポートするためのさまざまな道具があります。仕事をスムーズに進行するために、また、サービスをより快適な状態で提供するために、適材適所で利用されています。

 

 道具を適材適所で利用するため、また、専門知識が必要な道具を適切に利用するため、専門の資格や職業も存在します。

 

 福祉の世界では、『福祉用具専門相談員』がその役目を受け持っています。介護保険を適用して福祉用具を利用する際に、利用者本人やご家族のご要望に応じて、その方の状況にあった福祉用具の選定や使い方など相談や用具の調整等を行う専門職です。介護保険の指定を受けた福祉用具貸与・販売事業所では、2名以上の『福祉用具専門相談員』の配置が義務付けられています。他の介護保険サービスの専門職と連携しながら、高齢者の自立した生活を、福祉用具でサポートしています。

 

<『福祉用具専門相談員』の主な業務とは?>

 

  • 福祉用具の選定のための相談を受け付けます

ご利用者の心身の状態や使用環境などから、福祉用具で解決できることを一緒に考えることで、お一人ひとりにあった福祉用具を選ぶお手伝いをします。

 

  • 福祉用具のサービス計画を作成します

ご利用者からのご相談内容にもとづいて、福祉用具の利用計画(福祉用具サービス計画)を立てます。

 

  • 福祉用具の適合確認、福祉用具の取扱説明をします

ご利用者のお身体の状態や使用する環境に合わせて、福祉用具の調整をおこないます。また、福祉用具を安全、かつ有効に使っていただけるように、福祉用具の取り扱いについて丁寧にご説明します。

 

  • ご利用者へのご訪問、福祉用具の使用状況のご確認をします

福祉用具の使用状況を、定期的にモニタリングします。ご利用者のお宅をご訪問し、福祉用具の点検や使用状況の確認などをおこないます。

 

Photo by Official U.S. Navy Imagery

Photo by Official U.S. Navy Imagery


 『福祉用具専門相談員』は、福祉資格としても認められています。『福祉用具専門相談員』の資格を取得するには、都道府県知事の指定を受けた研修事業者が実施している『福祉用具専門相談員指定講習』を受講して、50時間のカリキュラムを修了する必要があります。講習の最後には、習熟度を測るための修了評価(筆記)がおこなわれています。

 

 すでに『福祉用具専門相談員』の資格を持っている方に対しても、さらにスキルアップを重ねて現場で活かすために、さまざまな学びの場も提供されています。

 

 例えば、『一般社団法人 全国福祉用具専門相談員協会』のホームページでは、『福祉用具専門相談員の研修ポイント制度』が紹介されています。『研修ポイント制度』とは、『福祉用具専門相談員』が研修を受講した実績をポイントに換算して評価して(60分=1ポイント)、ウェブサイトで公表されるものです。『福祉用具専門相談員』に求められる知識を5領域30科目に体系化し、スキルアップの指標として活用することができます。この制度は、平成24年度厚生労働省老人保健健康増進等事業の助成を受けて、『一般社団法人 全国福祉用具専門相談員協会』が開発・運営しているものです。

 

 福祉の現場の現場ごとに状況が異なりますし、福祉道具も時代とともに変化します。福祉に携わる方々が新しい知識を増やされていくことで、快適な福祉環境が増えていくことを願っています。

 

※参考資料:

『一般社団法人 全国福祉用具専門相談員協会』

http://www.zfssk.com/index.php

ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする