テレビをもっと楽しもう!『字幕放送』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビをもっと楽しもう!『字幕放送』

 

 テレビを見ていると、テロップが入る番組が増えてきているのがわかります。クイズ番組ではクイズの問題がテロップでそのまま出題されていることがありますが、それ以外にも、出演者が話した言葉をテロップにすることで、演出でもっと面白く工夫をしていることが多くなってきています。

 

 それとは別に、テレビ画面に文字がでるサービスの中には『字幕放送』というサービスがあります。『字幕放送』とは、主に聴覚に障碍をお持ちの方やテレビの音が聞こえにくくなった方々に、テレビ番組を楽しんでいただくための放送のことです。ドラマのセリフや、バラエティ番組のトーク部分、「パトカーのサイレン音」や「ドアをたたく音」などを、字幕(文字)で表示することで、番組内容を、十分にご理解いただけるようにしているサービスです。

 

Photo by cloudzilla

Photo by cloudzilla


 『字幕放送』は、テロップを入れて、番組を盛り上げることとは、まったく違うものです。『字幕放送』は、クローズドキャプションといって、テレビ画面上に字幕文字を出すか出さないかを自分で切り替えることができます。その一方で、はじめから文字が入っているテロップ文字や映画の字幕スーパーなどは、『オープンキャプション』といいます。

 

 『字幕放送』は、テレビ番組の音声を字幕データ(文字コード)にして映像と一緒に(同期させて)送り、それをテレビ(受信機)側が読み取り(解析して)文字(字幕)にして画面の上に出す仕組みになっています。

 

 新聞や雑誌のテレビ欄を見ると、『字』というマークを見つけることができます。『字』のマークは、「この番組は、字幕放送です」というお知らせをしているマークです。それ以外にも、『字幕番組』は、放送開始直後や、放送中頃あたりで、テレビの画面上に『字幕放送』という告知スーパーが入っています。『字』という告知スーパーは、ご覧になったことがあるのではないでしょうか。

 

 最近では、一部のニュースやスポーツ中継などで、生字幕放送(リアルタイム字幕)も行われるようになりました。生放送を字幕化するのは難しいといわれていたのですが、最近聴き取ったもの全てを、すぐその場で、文字化できる「高速聴き取り入力者」が育ってきているので実現しています。

 

 例えば、『スポーツ中継のリアルタイム字幕』があります。こちらは、ニュースの『文字放送』、「高速聴き取り入力方式」の字幕のように、聴いた音声のすべてを字幕化する手法を用いているわけではありません。字幕を入力するオペレータが、放送音声を高速聴き取りをしながら、その中で情報の取捨選択を行い、字幕表示するという、高度なテクニックを持つ入力方法を採用しています。

 

 試合を左右するボールや、選手の動きなどを、スポーツ映像を妨げることなく字幕で表示するために、スポーツのジャンルごとに、字幕を表示する方法や字幕内容などを関係者が詳細にルールづくりを行います。障碍をお持ちの方々が、より見やすく、楽しめるスポーツ中継を目指して、多くの関係者が日々努力を重ねていることで、『字幕放送』がつくられています。

 

 『字幕放送』は、誰もが無料で使用できるサービスです。どのような形で作られているのが、一度ご覧になってみてはいかがでしょうか。多くの方の知恵と努力がつまった『字幕放送』の力をかりて、さまざまなテレビ番組を楽しんでいきたいですね。

 

※参考資料:

フジテレビジョン

http://www.fujitv.co.jp/company/action/jimaku.html

 
ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする