オフィスをもっと快適に!『ファイリング研究室』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オフィスをもっと快適に!『ファイリング研究室』

 

 毎日仕事をしていると、たまっていくのが書類関係です。ネット管理が浸透し、紙の資料が少なくなった現在でも、すぐに確認できることや、電源が無い場所でも使えることなどから、紙の資料がなくなることはありません。福祉の仕事の現場でも、会議室での資料以外に、さまざまな状況で紙の資料が使われています。

 

 紙の資料を保存するときに、効率の良いファイリングをしておくことで、作業効率は非常に高まります。社員同士の交流も円滑になり、社会の雰囲気もよくなったという結果もでています。

 

Photo by gadl

Photo by gadl


 ともすると、個人の裁量にまかせてしまいがちなファイリングですが、会社で統一したファイリング作業を導入することで、これほどまでに社会が変わったという事例も多くあります。

 

 文具類を提供している『キングジム』では、ホームページの中に『ファイリング研究室』を設けて、ファイリングによる作業効率の改善を提案しています。

 

 『ファイリング研究室』では、快適、正確、迅速、安全に、ビジネスチャンスを逃さない環境作りをテーマにした、「見える」「ムリのない」「継続できる」文書管理環境のサポートをしています。『キングジム』の『ファイリング研究室』では、ただ文具品を販売するだけでなく、仕事の効率をUPさせるためのさまざまなノウハウも同時に提供しているのです。

 

 ファイリングには、さまざまな利点があります。

 

  • 業務と書類の関係の「見える化」:

業務改善も実現でき、業務スピードが向上し、顧客満足度を向上させることができます。

 

  • 紙文書からの情報漏えいの防止:

リスクのある紙文書を特定し、守ることは、ファイリング機能がもつ重要な役割です。

 

  • 内部統制の強化:

業務に必要なマニュアルを分かりやすく整備することで、文書や記録を、速やかに参照することが可能になります。

 

  • 紙文書の5S:

「整理」「整頓」「清潔」「清掃」「しつけ」は、ファイリングで解決し、仕事場のスペースも確保し、仕事の効率も向上させてくれます。

 

 オフィス環境の整備することで、人にやさしい労働環境をつくることができるのです。新しい機会を導入したり、社員同士の慰労会を会社規模で開くこともとても重要ですが、ファイリング機能を統一させて、社会を整理整頓することは、会社にとっても、働く人にとっても、とても重要なことなのです。

 

 キングジム『ファイリング研究室』のホームページで、快適な職場環境づくりへのアドバイスを得てみてはいかがでしょうか。

 

気持ちのいい環境にいると、なんだか自然にやる気がわいてきますよね。

 

※参考資料:

キングジム『ファイリング研究室』

http://www.kingjim.co.jp/filing/service/#range

ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする