夏も睡眠をしっかりと!『かくれ不眠ラボ』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夏も睡眠をしっかりと!『かくれ不眠ラボ』

 

 しっかり睡眠をとることが、元気の元になり、日々の健康につながることは広く知られています。しかしながら、毎日の暮らしの中では、仕事がつまっていたり、天候が不純だったりして、いつもいい睡眠がをとることができるわけではありません。

 

 特に、睡眠には、メンタルの部分もかかわることが多く、日常生活で、気持ちが落ち込んでしまったり、ショックなことがあったり、イライラとストレスが溜まることがありますと、寝る前に思い出すことで、寝つきが悪いことにつながります。

 

 しっかりと睡眠をとっていたにも関わらず、身体や心の疲れがとれていないことを、『かくれ不眠』と呼んでいます。睡眠時間の長さに関わらず、いい睡眠がとれてない場合、健康にも影響を与えてしまうのです。

 

 『かくれ不眠ラボ』では、こうしたかくれ不眠について、さまざまな情報を提供しています。

 
 『かくれ不眠』とは、治療が必要な不眠症と、単なる寝不足のちょうど間の状態になります。慢性的な不眠ではなく、専門的な治療をする必要はないけれど、睡眠に悩みや不満を抱え、日常生活に影響があるという状態です。また、そのような状態にもかかわらず、睡眠の重要性に対して認識が低い状態を示す言葉でもあります。

Photo by Trish Hamme

Photo by Trish Hamme


 

 例えば、毎日ではないにしても、布団やベッドに入ってから、いつまでも眠ることができない、しっかりと寝ているはずなのに、翌朝、どうも疲れが残っているといった症状があります。でも、毎日ではないからきっと大丈夫だろう、これは体質であるから、毎日はがまんしても、今度の休みの日にはしっかりと寝だめをすると大丈夫ではないか、また、普段はそんなに寝ていなくても気にならないから大丈夫だろう・・・、などと考え、心配している人はあまり多くないのが現状です。

 

 このようなことが思い当たるのであれば、もしかすると『かくれ不眠』の状態なのかもしれないと思いましょう。睡眠は、食事や運動と同じく、いつまでも健康を維持してくために、とても大切な要素になっています。眠れないのはたまたまだからと、そのままにしておくことなく、『かくれ不眠ラボ』が提案する『かくれ不眠』のチェックシートで、確認してみてはいかがでしょうか。

 

<『かくれ不眠』のチェックシートでわかる、『かくれ不眠』4タイプ>

  • 生活不規則タイプ
  • 自分は大丈夫タイプ
  • ストレスタイプ
  • 眠りが浅いタイプ

 

 言葉からも想像できるかと思いますが、『かくれ不眠』になるには、原因があります。その原因をしっかりケアすることで、良質な睡眠を確保しましょう。眠りが確保できると、身体に力が宿り、やる気も満ちてきます。いつまでも健康でいるために、自分の身体の素直な声に、いつも耳を傾けたいですね。

 

※参考資料:

『かくれ不眠ラボ』

http://www.brainhealth.jp/suimin/

ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする