子どもの成長を見守ろう!『児童健全育成推進財団』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子どもの成長を見守ろう!『児童健全育成推進財団』

 

 さまざまな福祉活動は、国や自治体をはじめ、多種多様な場面で、多くの人々の暮らしを支え、よりよい方向へ導くサポートをしています。対象者は、老若男女であり、社会を創りあげていく大人はもちろん、大人になるために必要なことを学びながら、健全な日々を送っている子供たちの日々も大切に育んでいます。

 

 児童の心身の健全な育成を図るために、『児童館』の活動を支援するとともに、『地域組織活動の援助』、『児童福祉に関する調査研究』、『情報の提供』など、『児童福祉』関連の事業を推進し、『児童福祉』の向上に取り組んでいるのが、『一般財団法人 児童健全育成推進財団』です。

 

 『児童館』は、健全な遊びを通して、子どもたちの生活の安定と、子どもたちの能力の発達を援助していく拠点施設です。『児童館』は、児童福祉法第40条による児童福祉施設です。

 

 屋内型の『児童厚生施設』(屋外型の児童遊園もあります)では、子どもたちに、健全な遊びを提供することで、子どもたちの心身の健康を増進し、情操を豊かにすることを目的として運営されています。

 

Photo by epSos.de

Photo by epSos.de


 『児童館』は、一般的には、『屋内型の福祉施設』ですが、活動は建物内にとどまらず、地域児童の健全な発達を支援することを目的として、『屋内外の地域活動』、『遠隔地でのキャンプ』など、さまざまな活動に取り組んでいます。

 

 こうして、『児童館』が、子どもたちに遊びを提供することによって、子どもの『人格的発達』をうながすために欠かすことのできない経験の機会を創り出しています。子どもたちは、遊びを通して、『考え、決断し、行動し、責任をもつ』という、大人になって欠かすことのできない『自主性・社会性・創造性』を身につけることができます。教育の中で、大切に育まれていく『自立』のための学びが、遊びの要素に含まれ、『児童館』で多くの子どもたちに、たっぷりと与えられています。

 

 『児童館』では、『専門職員(児童厚生員)』が支援しています。子どもたち一人ひとりの状態を観察しながら、それぞれの持つ個性を大切にしつつ、自分のペースに応じながら、しっかりと自立していくことができるよう支援しているので、とても安心です。子どもたちが必要とするスキルを持ったプロの教育者や、あたたかい気持ちで接してくれるボランティアの方々によって、自然なかたちで身に付けていく教養は、一生、その子どもたちを守ってくれることでしょう。人を信じること、相手と信頼し合うこと、分からないことは素直に効くこと、まわりの人と分けあうこと、納得できない時は我慢しないで質問することなど、遊びながら身に付けていくことで、自然と子たちの精神の血肉となっていくことでしょう。

 

 楽しかった『児童館』の想いでは、キラキラと輝き、大人になってもずっと、美しくまたたき続けることでしょう。『児童館』の役割に、もっと注目していきたいですね!

 

※参考資料:

『一般財団法人 児童健全育成推進財団』

http://www.jidoukan.or.jp

ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする