こころを込めて!『季節の手紙の書き方』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こころを込めて!『季節の手紙の書き方』

 

 最近はメールでやり取りをすることがほとんどで、手紙を書いたことがないという方も少なくありません。メールでさえも、書くのは仕事上だけで、仲のよい友人の間では、LINEやSNSなどのツールを使って近況報告をしている、という方もいます。年賀状なども書かなくなり、ほとんどメールやSNSで済ましてしまうという場合も増えてきました。

Photo by feverblue

Photo by feverblue

 
 しかしながら、人間関係の作り方を書いた書籍などでは、やはり今でも、手紙を使った人間関係づくりの大切さを説いています。手紙を書くときは、まるで、茶道をしたり、着物を着たりするときのように、季節を取りいれたマナーなどが存在します。それらを踏まえたうえでお出ししないと、かえって失礼になるため、注意が必要です。

 
 『手紙の書き方大辞典』のホームページでは、さまざまな場面での手紙の書き方を紹介しています。手紙を書く際に、いろいろと参考となる情報が載っております。今年の夏も後半になってきましたが、暑さゆえのご機嫌伺いのお葉書をだされてみてはいかがでしょうか。

 

  • 暑中の手紙とは・・・。

 『暑中見舞い』や『残暑見舞い』は、暑い季節に相手の安否を気遣い、自分方の近況を報告するための季節のご挨拶です。年賀状ほど改まったものではなく、私製ハガキや絵葉書などを使って、季節感や涼感あふれる爽やかな演出をすると、気軽に楽しむことができ、猛暑の中、特に喜ばれるのではないでしょうか。

 

  • 暑い時期の手紙を書く時期

・暑中見舞い:梅雨明け~8月7日(立秋頃)まで

・残暑見舞い:8月8日(立秋)~8月末頃まで

 

  • 暑い時期の手紙を書く注意点

・頭語と結語は不要

・期限を守って出す

・季節の挨拶は少し大きめの文字で書く

・印刷ハガキを使用する場合にも、どこかに手書きで一筆添えると好印象

 

  • 暑い時期の手紙の構成例

(1)季節の挨拶:暑中や残暑の頃に、相手のお身体をお見舞いする言葉

(2)時候の挨拶

(3)安否を尋ねる挨拶

(4)近況報告

(5)結びの挨拶

(6)年号・月

 ・暑中見舞いの月の書き方:七月、盛夏

 ・残暑見舞いの月の書き方 :八月、晩夏、立秋、葉月

(7)差出人の氏名、住所、郵便番号、電話番号

 

  • 手紙を書くときの注意点

 相手の健康を気遣うことのほかに、自分方の近況報告もするようにしましょう。しかしながら、自分のことばかりを書きすぎたり、季節感を無視した内容にならないよう注意が必要です。また、メールではないので、文章は簡潔にして、暑さの中にも涼しげな印象を与える表現をしましょう。

 
 

 手紙にはいろいろなルールがありますから、『手紙の書き方大辞典』のホームページを参考にして、正しい書き方をまずはマスターしましょう。その後で、自分なりのスタイルをみつけて、楽しく、個性的な手紙がかけるようになるといいですね。人間関係を円滑にするツールとして、身に付けたい大人のマナーのひとつです。

 

※参考資料:

『手紙の書き方大辞典』

http://www.letter110.net/

ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする