気をつけよう!『食中毒予防の注意点』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

気をつけよう!『食中毒予防の注意点』

 

Photo by Horia Varlan

Photo by Horia Varlan


 腹痛や下痢、おう吐など、急に体調が悪くなって、身体の中のものを吐き出してしまったことはありませんか。そんなときに疑われるもののひとつが『食中毒』です。『食中毒』は、学校や飲食店などのように、外で食べる食事でもおこり、『集団食中毒』としてニュースでとりあげられることがあります。しかし、『食中毒』は、食べ物に関するものですから、家庭でも発生しています。家庭での『食中毒』は、食材を選んだり、料理をしたりする家族ひとりひとりの問題でもあります。気候が不安定な時期は特に、『食中毒』にならないための工夫を心がけるようにしましょう。

 

  • 『食中毒』にならないための3つの原則

(1)洗う、分ける

 生の肉や魚などを切ったまな板などの器具から、加熱しないで食べる野菜などへ菌が付着しないよう、使うたびに洗い、殺菌しましょう。焼肉では、生の肉をつかむ箸と焼けた肉をつかむ箸は別のものにしましょう。 食品の保管の際にも、密封容器に入れたり、ラップをかけたりすることが大事です。手にはさまざまな雑菌がついています。『食中毒』の原因菌やウイルスを食べ物につけないように、特に下記の場合は必ず手を洗いましょう。

 

・調理を始める前

・生の肉や魚、卵などを取り扱う前後

・調理の途中で、トイレに行ったり、鼻をかんだりした後

・おむつを交換したり、動物に触れたりした後

・食卓につく前

・残った食品を扱う前

 

(2)低温で保存する

 細菌は、高温多湿な環境で増殖が活発になり、10℃以下では増殖がゆっくりとなり、マイナス15℃以下では増殖が停止するため、低温で保存することが重要です。肉や魚などの生鮮食品や総菜は、購入後、できるだけ早く冷蔵庫に入れましょう。冷蔵庫に入れても、細菌は増殖するので、冷蔵庫を過信せず、早めに食べることが大事です。

 

(3)加熱処理をする

 ほとんどの細菌やウイルスは、加熱することで死滅するので、肉や魚、野菜も、加熱して食べれば安全です。特に、肉料理は中心までよく加熱しましょう。中心部を75℃で1分以上加熱することが目安です。ふきん、まな板、包丁など、調理器具などに細菌やウイルスが付着します。特に肉や魚、卵などを使った後の調理器具は、洗剤でよく洗ってから、熱湯をかけて殺菌しましょう。台所用殺菌剤の使用も効果的です。

 

  • 『食中毒』をふせぐ、6つの場面

 『食中毒予防』は、食品を買ってから、調理して、食べるまでの間に、細菌を「つけない」「増やさない」「やっつける」ように、注意することが大事です。チェック場所は、6つあります。それぞれの場面で、最近を増やさないように工夫しましょう。

・買い物の仕方

・材料の保存方法

・下準備の仕方

・調理の仕方

・食事方法

・残った食品の保存の仕方

 

 夏場の体力を保つためには、しっかりと栄養を摂ることが大切ですが、同じように、食材が痛みやすい季節であることを理解し、『食中毒』にも注意しましょう。しっかり食べて、毎日、健康でいたいですね。

 

※参考資料:

『厚生労働省』

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/shokuhin/syokuchu/index.html

ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする