気軽に楽しめる!『リハビリでゴルフ』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

気軽に楽しめる!『リハビリでゴルフ』

 

 緑の中で、身体を動かすのはとても楽しいものです。もちろん、スポーツクラブで汗を流したり、家の中でかんたんな運動をして身体を動かすことも大切です。ですが、身体の状況が許す場合は、緑がたくさんある美しい場所で、空気をたくさん吸い込んで、全身運動をすることをお勧めします。その点において、ゴルフは、障碍をお持ちの方にとっても、非常に向いたスポーツだといわれています。

 

 広大なゴルフ場を、たくさん移動して、小さいボールを打ちながら進んでいくゴルフは、障碍をお持ちの方にはふさわしくないのでは、と意外に思われる方も少なくないかもしれません。

 

Photo by teamstickergiant

Photo by teamstickergiant


 しかしながら、もう一度よく考えてみましょう。実は、ゴルフというスポーツでは、飛んだり跳ねたり走ったりといった、激しい行為はほとんどありません。また、対戦相手と早いスピードでやりあうこともありません。野球やテニスのように相手を必要とするわけでもありません。ただ、ボールを打って自分のペースで進んでゆく、「自分と戦うスポーツ」なのです。『NPO日本障害者ゴルフ協会』のホームページでは、リハビリでゴルフをされることをお勧めしています。

 

 例えば、『NPO日本障害者ゴルフ協会』では、片手マヒの選手のことをご紹介しています。片手をマヒされた方も、ゴルフの練習であれば、マイペースですることができます。また、自分の障碍の状況に合ったスイングを、自分でゆっくり研究し、練習することができます。

 

 また、車いすから離れられなかった方が、『NPO日本障害者ゴルフ協会』の活動に参加しているうちに、次第に体の動きがよくなり、やがては立つことができ、今では一人で歩けるようになった例もあります。

 

 専門家もリハビリテーションの見地からゴルフは優れていると認めています。マヒして動かない片方の手足も、スイングを繰り返すうちに少しずつ動くようになった、というメンバーが大勢いるそうです。機械的なリハビリは面白くありませんが、ゴルフなら楽しんでいるうちに自然にリハビリになっているそうです。リハビリといえば普通、病院やリハビリセンターの中で、もくもくと続けるものですので、ちょっと嫌になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。身体のために、楽しく続けて、明日の希望にしたいですね。

 

 『NPO日本障害者ゴルフ協会』のホームページには、リハビリのためのたくさんの情報も掲載されています。まずは見学からでもスタートされてみてはいかがでしょうか。ゴルフ場の気持ちのいいグリーンを眺めるだけでも、とてもいい気分転換になると思います。

 

※参考資料:

『NPO日本障害者ゴルフ協会』

http://www.dga-japan.com

ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする