知っておこう!『福祉サービスの利用方法』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

知っておこう!『福祉サービスの利用方法』

 

 社会にはさまざまな福祉サービスがあり、国や自治体、民間などが、必要とされる方のためのサポートを行っています。その中には、地域福祉やボランティア活動、福祉の仕事や資格、福祉事業者の方とサービスを受ける方の橋渡しとして、両者を結びつける役目をしている団体もたくさん存在します。

 

 『社会福祉協議会』をご存知ですか?『社会福祉協議会』は、地域社会において民間の自主的な福祉活動の中核となり、住民の参加する福祉活動を推進している団体です。保健福祉におけるさまざまな問題を、地域社会の中で、計画的に、また、まわりと協働しながら解決するために取り組んでいます。公共性、公益性の高い民間非営利団体として、住民が、安心して暮らせる福祉コミュニティづくりを目指して活動しています。

 

Photo by Shadowgate

Photo by Shadowgate

 その中で、『京都府社会福祉協議会』は、京都府内の市町村社会福祉協議会、民生委員・児童委員、社会福祉関係公務員、公私社会福祉事業施設、社会福祉事業団体、ボランティア活動を行う団体等でつくられている団体です。すべての人が、尊厳のある生活を送ることができるように、昭和26年の設立以来『安心と希望の持てる支え合いの京都』を実現するために、活動しています。

 

 自主性と様々な分野の関係者や地域住民に支えられた公共性という、2つの側面をもった『社会福祉協議会』の活動が注目されています。福祉サービスを利用されたいけれど、どうやればいいか分からない方は、一度是非、『京都府社会福祉協議会』のホームページをご覧になってみてはいかがでしょうか。

 

 例えば、『京都府社会福祉協議会』では、障碍をお持ちの方やご高齢の方がいらっしゃる世帯を対象にして、必要な資金の貸付や民生委員による相談支援を行っています。障碍や高齢のために起こる、暮らしの不安定さを解消し、生活の安定を目指すことを目的としています。

 

 『福祉費』として、次のような使途で資金が必要な場合にご利用いただけます。

 

  • 福祉用具等の購入に必要な経費(福祉用具購入):

オプチスコープ、盲人用ワープロ、油圧式リフト、肢体不自由者用クーラー、電動式ギャッジベッド、聴覚障害者のための文字放送用テレビ、コミュニケーション機器等

 

  • 障碍者用自動車の購入に必要な経費(障害者自動車購入):

購入車種の排気量、価格には一定の要件があります。

 

  • 介護サービス、障碍者サービス等を受けるのに必要な経費、及びその期間中の生計を維持するために必要な経費(介護等):

介護サービスや障害福祉サービス等の自己負担費用、介護保険料、償還払いサービスの利用料、施設サービス利用時の食事標準負担額等

 

 その他にも、生活が苦しくなったときのための資金の貸し出しも相談ができる環境があります。一人で生きているのだと考えずに、社会の一員として相談をし、まわりと助け合いながら生きていける世の中であることを忘れずに生きていきたいですね。

 

※参考資料:

『社会福祉法人 京都府社会福祉協議会』

http://www.kyoshakyo.or.jp/

ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする