こころの時代に寄り添う資格『精神保健福祉士』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こころの時代に寄り添う資格『精神保健福祉士』

 

 一般社会と同様に、福祉の世界でも、社会の変化に応じたさまざまな資格が生まれてきました。もともと必要とされていた福祉の基礎的な資格は昔から存在しますが、近年増えてきている資格のひとつが、メンタルケアに関するものです。

 

 『精神保健福祉士』などは、1997年に誕生した、精神保健福祉領域のソーシャルワーカーの国家資格です。こころの時代ともいわれている現代は、ひとりひとりの個性はもちろんですが、仕事や生活環境の多様化によって、さまざま価値観が錯綜する時代です。その中において、こころのあり様は、日本社会においても、非常に関心を寄せられる問題の一つです。

 

 日本では、こころの病を負ったことによってさまざまな障碍を抱えてしまった人々(精神障碍者)に対しての、社会復帰や社会参加支援のとりくみが、先進諸国の中でも、制度的に著しく立ち遅れた状況が長年続いていました。近年になってはじめて、社会関係法の改正などが行われ、精神に障碍をお持ちの方も同じ一市民として、地域社会で暮らすための『基盤整備』が図られることとなりました。

 

 『精神保健福祉士』の資格は、『精神科ソーシャルワーカー』(PSW:Psychiatric Social Worker)という名称で、1950年代から導入されていた歴史のある専門職です。
精神科医療機関を中心に、医療チームの一員として導入されていました。
 

 『精神保健福祉士』の資格は、『社会福祉学』を基盤としています。その上で、精神に障碍をお持ちの方々のかかえる生活問題や、社会問題の解決のための援助や、社会参加に向けての支援活動を通して、ひとりひとりの、その方らしい、ライフスタイルの獲得を目標にしています。

 

Photo by cygnus921

Photo by cygnus921


 また、現代社会は高ストレス社会といわれています。もっと広く国民ひとりひとりの精神的な保健をサポートするために、医療や保健、福祉にまたがる領域の中で、『精神保健福祉士』の活躍が、ますます求められるようになってきました。

 

 『障碍者総合支援法』に乗っ取って運営されている、『障碍福祉サービス』等の事業所でも、設置目的により、『精神保健福祉士』の業務にも幅があります。

 

<日常生活訓練をする事業所の場合>

・家事などの具体的な基本動作を一緒に行い、助言などをします。

 

<就労前訓練や作業を行う目的の施設の場合>

・作業を通して社会参加することを支援します。

・就労前のトレーニングや、実際の就職活動に関する助言、職場への定着のための支援等を行います。

 

<相談支援事業所や地域活動支援センター等の地域生活の支援の場合>

・利用者の電話や対面、訪問による相談や日常生活にかかわる各種サービスを提供。

・各種情報の発信や居場所提供も行います。

 

 『公益社団法人 日本精神保健福祉士協会』のホームページでは、『精神保健福祉士』の情報をたくさん掲載しています。『精神保健福祉士』の活躍の場は、今後もさらにひろがっていくことが期待されています。やさしい目と確かな知識で、多くの人々の毎日を育んでいただきたいですね。

 

※参考資料:

『公益社団法人 日本精神保健福祉士協会』

http://www.japsw.or.jp

ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする