チアシード入りに注目!!

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飯野耀子のベター クォリティ オブ ライフ 第173回

今回は、“チアシード”について!

 みなさん、こんにちは。

 月曜日の大村智さんのノーベル賞受賞、嬉しかったですね!実は子供の頃から存じ上げている方なのですがずっとずっといつ、ノーベル賞を取っても不思議じゃない方として意識していたので日本人の受賞という以上に嬉しく思っている今日この頃です。

チアシード

チアシード

 さて、話題はがらりと変わって今回は今はやりの“チアシード”についてご紹介します。

 最近はナチュラルローソンなどコンビニでもチアシード入りの様々なフレーバードリンクが売られていたりと随分と身近なものになっていますよね。食物繊維、それも不要性、水溶性の両方を摂取することが出来たり、マグネシウム、カリウム、鉄分に必須脂肪酸のαリノレン酸も摂取出来るなど手軽に摂取できるビューティフードとしてハリウッドをはじめとたセレブに愛される食材としても人気ですね。

 シードそのものも割とお手頃に手にいれやすくなったことで愛食している人も増えています。

 が!そんなに体によいチアシードも飲み方を間違えると返って体に負担をかけてしまうことになるので気をつけないといけません。

 まず最も大切なことはチアシードを食べる際は必ずしっかりと水で戻してからということ。10~40度くらいのぬるま湯に8~12時間前後(気温や種の個体差によって差がでます)つけておくのがよいと言われているのですが、この二つの条件を守ってしっかりと水分を吸わせることが大切です。なぜかというと水に浸していないチアシードにはアブシジン酸という“発芽毒“と呼ばれるものが含まれているからなんです。これはチアシードに限ったことではなく、玄米などにも含まれているんです。この”発芽毒“、チアシードにたっぷりと水分を含ませ、発芽モードRにすることで無毒化することが出来るといわれています。もちろん、1度や2度であればそんなに影響はありませんが、継続摂取してしまうと体内のミトコンドリアに影響し、免疫力の低下やガン、アレルギーの原因、あと不妊などの原因になる可能性があるといわれているのでちょっとめんどくさくてもしっかりとやってくださいね!あと・・そのままの状態で摂取してしまうと腸内で水分を吸収し、膨張することになってしまうので便秘になってしまう心配も・・・

 それから腎臓に問題や不安のある方は医師に相談の上で摂取することをおススメします。場合によっては痒みなどを発症する人もあるそうなのです。

 因みに一度戻したものは冷蔵庫で2~3日であれば保存が効くのでまとめて浸しておくと便利です。

 情報発信法の幅が広がって、美容や健康に関しても日々新しい情報が発信されていて、嬉しい反面、注意点があるものはそれも一緒にキャッチしないと返って塩が毒になってしまうことも大事なので新しいものを手にする際は注意点にも注目して、摂り射れるようにしてくださいね!

飯野耀子 美容食スペシャリスト/ブランディングプランナー/
日本ハーブ振興協会主席研究員
女性市場開拓に於けるプランナー兼インフルエンサーとして日本のみならず
中国、韓国、台湾、香港での執筆、セミナー、メディア出演、商品販売、
出版を通し発信。てがけた商品、書籍は多数。
 飯野耀子へのご依頼はこちら

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする